世代交代、無残な失敗の後遺症を残すだけとなった   



世代交代、無残な失敗の後遺症を残すだけとなった


1.客数は26人

石川県は金沢から
約20kmの距離も離れたある町の
パチンコ店舗を訪れた。
南には小松市が隣接して、
北側には白山連峰から流れる、
手取川に挟まれた丘陵地に、
急斜面を沿って店舗はあった。


台数は250台前後、機種は大海SP、
冬ソナ、仕事人、エヴァンとみな揃っている。
最近、屋号も変えて内外装も施した。


すぐにも稼動は低落。
まだ、5時だというのに辺りは真っ暗だ。
客数は26人。


ホールには男子スタッフ5人が
一つのランプの点灯先を競っている。
女子スタッフは交代時間なのか、
小型掃除機で台まわりを片つけている。
ホールを移動する背中に
スタッフ全員の目線を感じ取っているのがわかる。
あきらかにお客様ではないことは分かっていながらも、
少しでも遊んでいってもらいたいと願う、
ちいさな叫び声が聞こえてくる。





2.世代交代の災い

そんなスタッフをよそに、次の目的地へと車を走らせた。
がらっ~とした駐車場と換金所が水銀灯に淋しく映っている。
仕事柄よく見かける光景といえども、やはり堪らなくつらい。


この店舗の内情に詳しいひとに会うために車を走らせた。
更に山間部へとのぼって行く道で、
「おっ、あっあの有名酒造の・・・・・・・えぇ~」
かの有名な酒蔵の菊○○酒造を向こう左に眺めた時には、
いっそうこの、すくんだ気持ちも
一緒にながしてしまいたいと思った。


社長との幼馴染で腐れ縁の友人宅がまもなく見えた。
そこで痛切に感じたのが世代交代であった。
最近になって、世代交代で息子たちに任せたが、
気になって何度、覗いても客はいねええと、
落胆した声が繰り返された瞬間に
運命の判定は決まっていた。

現実は厳しかった。
見てショック、聞いてまたショック!
世代交代が災いになってしまったのだ。




3.店舗改装が命取りに!

そして店舗改装が破綻のキッカケになるとは
皮肉なものだが弱小店舗では珍しいことではない。
7000~8000万円の改装の借金は
誰がどこから、どのように捻出するのだろうか。
3年の短期返済の場合、年に2700万円、月間270万円ほどの
返済を見込んだ利益が現状の稼動からして売上を支えきれるだろうか。


ひと言でそれは無理!
せいぜいあって、日売りは130万円にも満たないからだ。
人件費、機械代、改装の返済だけで900万円は超える。
チラシ、光熱費なども持ち出し経費が加算されていく。


追って、改装をしたもうひとつの店舗も芳しくはない。
金沢市の1店舗があとの2店舗の、おもりをしている状況。


「弱体にむかっている店舗は改装をするな」といい続けている。
その代わり戦略、戦術、戦意の改装におカネを投じる。
下手なリニューアルは「起爆剤」にはならない。
下手なリニューアルほど生命を縮める「死爆剤」といえるからだ。


「死爆剤」のツケは大きい。
おそらく、このままでは時間の経過とともに、
お客さまから見放されていくだろう。


へたな世代交代とリニューアルは
自爆剤背負ってせなならん。



ただ、世代を交代すればいいのではない。
世代交代は単なるお化粧直しに終始した結末に過ぎなかった。
戦略の根拠なき、無残な失敗の後遺症を残すだけとなった。


世代交代に見合う最低条件を満たさないままの
急な、世代交代は店舗の存続をイッキに
危うくすることを分かっていたのだろうか。


世代交代の階段を踏みはずしたのだ・・・・・・・







c0157433_19252241.jpg

****************無料相談室****************

ご相談メールに
店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallを記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。
相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

世代交代の災いが!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-11-12 08:42 | 弱小ホールの悩み

<< 創業40年の眼鏡屋も淘汰されて... 甘い認識がない。はまりゆくパタ... >>