くらげニュース②   





くらげ対談ニュース②

先日の「くらげ対談」がおもしろい。
参加者数名。
かつての一発台の経験者でホール現場の現役で
釘調整のツワモノ軍団といえば、大袈裟になるが
それそれが釘論理には哲学をもっている。

試し打ちでデータを抽出したけど、
「おカネに魂を賭けた機械はもっと甘いです!」
・・・と、誰かの言葉に頷きながら、さらに議論はエスカレートした。





1.くらげっちは系統がいい

この機種が保通協を通ったことに価値がある。

この機械は系統がいい!
馬でいえば毛並みの良さではないかな。

(A)役もので大当たりさせる。

(B)出玉3.000個ある。
セブン気ばかりの中で一味、変わっているいることがいいのではないか。

(C)ダブル、トリプルがある。
一撃、3000個でここ最近にはないタイプである。

これが通ったことにより役ものの改良で
もっといいものが出てくる可能性がある。

次が楽しみだ。
どう、欠点を克服してくるかが楽しみである。


くらげ3兄弟はよく頑張ってきた。
くらげ3兄弟とは、生命釘担当店長と
出玉量調整のY氏、バラ釘担当のO氏のこと。
くらげ3兄弟は今日で解散!(苦笑い)
今日で釘調整は終わった!(大笑い)





2.風車

これが玉を消す!
飛び込む瞬間の玉の軌道がみえない。
これを打つ人たちはこの瞬間見たさにドキドキするのに、
いっそうのこと、風車を透明にしてもらいたいのだが・・・・・・・

ここは海でいえば、魚群のようなもの。

ここが見えないとダメ!
役もの好きな人間には残念である。
あのジャステイー見たいに、
落ちる瞬間の玉を溜めこむ。
そうすると、ドキドキする。

この風車は残念な気がする。
ここがキモなんだよね。
アビリットがこんなことも考えて
機械市場に出してくれるといいんだが


この機械の出玉と風車について
対談を抜粋してみましたがいかがでしたか。

換金力の出玉は機械の魅力であるわけで
変に出玉を削る店舗あるようですが
ここは考えてみましょう



c0157433_19252241.jpg

****************無料相談室〔くらげっち教室〕****************
いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


風車が玉を消す!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-12-08 14:00 | 釘の家庭教師

<< (3)くらげっちニュース ◆くらげっちニュース ①◆ >>