「接客には負けない出玉があるしな!」と   



一昨日、
遠くは雪国、寒波にしばれる猛吹雪のなかで、
ある町のある店舗から思いもよらぬ、
現場通信が舞い込んできました。

以下前文を紹介します。

***********************************


1.稼動80%でスタッフは4人

500台前後の店で、今日も最高で400人の稼動がありました。
そんな時スタッフはというと、たったの4人(カウンター込)という事態です。
この店にきて、1番驚くのは、スタッフが簡単に休むということです。
統一意識、サービス業の心を知らないスタッフが多いような感じをうけています。

お客様と言い争いになるスタッフもいれば、
仕事中ガム飴を食べながらホールを回るスタッフ。。。
どのように受け止めるべきか?
迷うこともあります。



2.店長の今日の言葉

店長の今日のお言葉のなかで、
「この店は、接客は最悪だ。
でも、仕方がないと思っている。
スタッフの人数が少ないんだからな。。。」

この言葉はあきらめにしか聞こえないのです。
店長は前向きに!と考えているようですが。
やることやってから言ってほしいなあとは思っています。



「接客には負けない出玉があるしな!」と
最後に店長は言い放ちました。

出玉があるから接客はそっちのけ。

どう考えますか?


***************************


ありがとうございます。
唐突な連絡に
何か複雑ですこし考え込んでしまいました。


接客に負けない出玉があるって・・・
よっぽど、立地がよいのか、
機械入替えに陶酔した店長には気がつていないんですね。

お客さまのキモチをナエガシロにするツケは必ず、
降りかかってきます。

機械の切れ目は縁の切れ目と肝に銘じているこの店長。
スタッフの遣り甲斐にも関心がなさそうだが・・・



また、連絡くださいね。
あなたの疑問は凄く大事な顧客視点の基本です。
負けないでがんばるのですよ。

歯を食い縛って、しっかりと・・・

こまったことがあれば、いつでも連絡を待っていますよ。





****************無料相談室****************

いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


接客に負けない出玉があるから!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-12-30 12:46 | ないないづくし戦略

<< [はんぶんや]が、なぜか2倍に見える 貧しても鈍しない面々たち >>