スタート2520の悲惨な客心理   


1.スタート2520の悲惨な客心理

先日、スタート2520で、とうとう力尽きてやめていった、
お客さまの姿をみた。
とても、まともに見られるものではない。

金額換算でザッとみても16~17万円は消費している。
勿論、数人のお客さまの交代であって、持ち玉移動で
打ち込んだとしても膨大な吸い込みで、
7~8時間は稼動していることになる。
これがMAXタイプというものである。
となりの友人から借りる玉数・・・
5箱(1箱2000)を突っ込み、
そのあと2万円を借りているとこを目撃した。
どんな心境でいるのだろうか。
とても気になっていて、ずっと観察をしていると・・・
もうおカネがなくなったのか未練を引きずって
重い腰を上げ始めたのである。
悔しさが込み上げているのだろう。
名残惜しいのだろう。
激怒、発奮、混迷、無念などが交錯している。
これがMAXにかける客心理である。



それを単に「取りすぎだ、早速あけてあげよう」
・・・式では離れていくお客さまの気持ちを癒してあげることはできない。



お客様に声をかけて聞いてみた。
「もう、暫くは行かない!!!~~~」といっていた。

こんな時のアケにしても、しめにしてもル-ルが杜撰である。
だから、あけても稼動が戻らないのは、ここにも原因がある。




2.お客は勝算で判断する

お客さまの最大の関心事は、「投資による勝率」です。
つまり勝算があるかどうかですが・・・

計算式はどうにでもなりますが
問題は現実的な反響というべきお客さまの動向ですね。


例えば、キン肉マンタイプような出玉が少ない超レンチャン型・・・
仮に1万円消費して玉原価2.38円で単発の終了となると、
2.600円の換金で、それからまた突っ込んでいく事態も
十分予想されますね。
つまり42発交換では平均出玉が少ない機種は慎重になるべきです。
高価交換営業向きにつくられた機種であることが否めないからです。

GAROの人気の原因は色々ですが
初当たりで一定の出玉があることも起因していますね。





3.軸足を挫いてしまった「ウルトラマン」からの教訓

例えばキン肉マンのように、出玉1.100で42発交換ですと
初当たりするまでのお客さまの投資意欲が半減されますよね。
どうなんでしょう?
かつての京楽ウルトラマンがそうです。
42発などの店舗では、新台入替てまもなく稼動が落ち込み、
あわてて高割数で景品を高めても客数は挽回できませんでした。
これは最初から分かりきったことなのですが、
どうしても周辺の高稼働に振り回されて
先入観が出来上がってしまったようですね。
軒並み低下交換の店舗では稼動低下は著しく
低下速度も速く、ホールからタチマチ稼動の軸足を挫いてしまいました。


弱小店舗には非常事態宣言が発令された。
客心理追尾していくと、自店しかない作戦の軸足を発見できる。




****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


スタート2520の悲惨な客心理!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-01-27 15:35 | 釘の家庭教師

<< 「キン肉マン」、本名「筋肉スグ... 新店長就任のハザマに悩む >>