ある店長の戦略的仕掛け№2   


●2月目標達成のための戦略的仕掛け(ワザ)№2

 「放出パターンを作成」し、「どのコースも毎日どこかが沸いている状況を作る」ことは
 これまでどおり 徹底した基本路線としてとらえ 徹底させていく



・第1週  稼働目標22755個 
 全体粗利の( )%と比較的多目に粗利を取っていく方向で計画を立てた。
 取れる日が3回あるためこの日を大きく設定した。



・第2週  稼働目標23186個
スロット入替がある週。粗利構成比を10%に低く抑えている。
新聞休刊日の関連で 入替が12日に変更になった。翌日から週末に入り
16日はP入替があるので稼働はあがると予想される。



・第3週  稼働目標23200個 
入替翌日の稼働維持が目標。
パチンコ入替週。レディスデー2回目。火、水、木は必ず稼働が下がるので
徹底的に放出日ととらえて対策していく。



・第4週  稼働目標 23857個
何もない週。チラシで 中だるみに喝を入れたい。粗利を取っていく。




・レディスイベント「●●●デー」の仕掛けを考える

今月は当店固定イベントの根付け月間と位置づけている。まず、
12日をレディスイベント「●●●デー」の初日として 
以後毎週木曜に開催することを計画している。 

釘を開けたレディス台を準備、提供するが、基本は当店にしかない
サービスの提供によって女性客を取り込もうとするものである。
次のような仕掛けを考えている。

①●●●サービス
レディスデーに限らず 平日も車の●●●サービスをサービスする。

②●●式、コーヒーサービス

③●●●スタッフサービス
当日は当店の●●●が専用スタッフとなって接客に従事する。
コーヒー、お絞り、その他もろもろ 客の手足となってご奉仕。
担当金山リーダーっきゃない。

④漫画コーナー
レディス専用ではないが 店内のイメージアップを図る意味で
ソファの横に漫画コーナーを配することにした。ここでコーヒーを
飲みながらくつろいでもらいたい。

⑤コート預かり、荷物預かり
これも女性限定ではないが、特に荷物預かりは買い物帰りの女性客には
便利なのではないだろうか。



・チラシの回数増を含めた効果的な広告対策

・チラシの効力は1月19日の 「海物語」で実証済みであるため 
今後入替のない週は必ずチラシによって イメージアップを訴え、イベントを告知する。
外から客を呼ぶためにも チラシは回数を増やしていく。
入替を月2回に減らすならば、後の2回はチラシ対策と位置づけこれからはチラシの予算
( )円を予算に組み込む。
・チラシの折込日であるが、稼働落ち込みが予想される木曜を狙うのがよいと思う。



*******************************

*以上です。次回には2月目標達成のための課題とその方法を掲載します。
①スロットの稼働底上げ、客数増加・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この店舗も小規模店でありながら、不測の事態の予測をしながらも、
重要視しているのは、「仕掛け」の戦略視点といえる。
この店長は、このようなことに無知であったにもかかわらず、
過去の場当たり営業の深い反省からか、その反動が
戦略の組み立てに目線をおいている。
結果、浅い範囲を深く掘り起こす作業に懸命でそれが
目標達成に結びついているような流れになっている。


大変な事態に直面しているから・・・
カンフル剤+仕掛け=キッカケへと、
強く、なびく拠りどころにしたいものですね。


****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


ある店長の戦略の仕掛け!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-27 10:09 | 弱小ホールの悩み

<< 2月目標達成のための課題とその方法 ある店長の2月の営業計画 №1 >>