自分の弱みのなかの強い空気   


1.冬の時代の氷が早く溶けてほしいと・・・
  
弱小店舗だが精いっぱいを挑戦している
店長たちの議論には危機感があった。
しかし、これでは甘いのか自身を
ふるい立たせる発言で会議室は熱気で充満していた。
我々の敵、改革を妨げるのは何か。
口を切ったのは常務。

私の中にある敵、
会社の中にある敵とむかって行こう・・・と。
だれ誰の責任ではなく、自分の責任で見よう。
もう簡単には生きられる時代ではない。
もう誰も助けてはくれない
景気が戻ってほしい。
冬の時代の氷が早く溶けてほしいと待つのではない。



2.免疫は「わたしの弱み」のレポート

ある時、「わたしの弱み」という、レポート発表会があった。
自分の弱みを見るのが嬉しいという発言には
真理が漂って意識を共有しようと頷いていた。
そして議論は自分の弱みに集中した。
自分の弱みを出し合って
失敗談もおおいに語る。
裸になってつき合っていくことで時間が過ぎた。


本当はこんな弱いけど
強がり言って見栄ばかりがあって素直になれなかった。
自分の中の弱みが続く。
ゆうに、千回は超えるだろうとする会議に
もっとも気になるのは場の空気だ。
空気の中に漂う成分の違いで
大よそ、会議の成功度みたいなものが
最初の出だしから、ほぼ伝わってくる。



会議はいきなり自分の弱みから始まった。
普通ではこのような会議は失敗に終わる。
やる気をなくす恐れが多分にあるからだ。
ところが空気の成分が違っていたのは、
イキイキ成分のような活性水素が脈拍している。
それは「わたしの弱みのレポート」が
潜在意識のなかに刻み込まれていて、
その免疫が空気をまた蘇生させている。


常務はほっとした。
レポートあったからだろって。
いやっ、店長たちのお陰だろって。
真面目な話は気楽でないと続かない。
止めどなく弱みを楽しんでいるが如く。


弱い人間にはそれを隠す飾りが多い・・・
プロはシンプルである・・・
成功する人はみな努力している・・・
おもしろくなければ仕事じゃない・・・
夢中から夢の中へと、
現実を忘れるくらい集中すれば必ず面白くなれる・・・
どんな人でも初めはデタラメである・・・
がんばってダメな時には頑張り方を変えてみようよ。
何をしてもしなくても同じ時間が経って行く。
うまくいかなかったのは
「やれなっかったのか」
「やらなかったのか」は自分がよく知っている

どこからか、聞いたようなフレーズがあっても
そんなのは平気でアリなのだ。
語り口調さえ真剣であれば。



3.政策論議が盛んに・・・

それぞれ実践課題が・・・
実績の曜日傾向をもっと深く分析を・・・
相席に座らせる作戦・・・
競合相手の休みの日の出玉作戦
イベント日の次の日の落ち込みを最初から対策を・・・
●●●作戦の出玉配分を・・・などなど



具体的な実績数値と分析表が並べられた。
数値をえぐる様に見渡している。
日曜日の稼働の良い機種など
曜日の機種動向が今回のテーマでもある。
半休日の相手とかち合う機種傾向をピックアップする。
これも最大の重点政策であるからだ。
曜日別実績分析の発表が次からとされていく。
先月のイベントは初期の目標を達成したが
今月のジレンマーを考えるとどうなのか・・・
機種統計がすすむ。
金曜日が徐々に低下している。なぜ?
少ない客数の店内移動をしている傾向で
新台入替が集客アップに強力なものになっていない。
入替だけでは目だった稼働の定着につながっていない。
じゃ、どうしたらよいのか。

競合相手の金曜日作戦から火曜日ウェイトの比重を
移行してみたらどうなのか。

入替の仕方を3週から5週(1か月ちょっと翌月初めにまたがる様に・・・)
やる気はあるが不安感がつのって、折角いいとこまで行っても
ある程度まで行くと既存の打算や既成概念が
現実と改革の狭間に立ちはだかってくる。



4. 食べていける生活(経営)に切り替えること

そこは議論が分散したままで
まとまりがつかない運営側の問題もある。
店長たちが不安に感じる時は原因と対策がはっきりしないで
曖昧な部分を残して終わる時である。

いま、一番に大事なことは不景気でも
食べていける生活(経営)に切り替えることである。
氷河期でも暖房と食糧さえあれば、しのいでいける。
不況が先々続いても大丈夫なように
今すぐに手を打つことである。
いつまでも見栄と気取りをもっても、
荒波を泳いでいくことはできない。
もう引き返せないとこまで来ている。
本物の海は辛いし波もある。
深いところもあって足も届かない。


しかし覚悟した時に、少しは先が見えるのもの・・・
ここも、すでに食べていける生活(経営)に切り替えている。



成功が失敗の上に成り立っていて、
自分の弱みのなかに謙虚な姿勢があることを確認した。
そこには不自然が見えない。

あっ、そうそう~
そういえば、あの時にもそうだった・・・

弱みの中の強い空気を感じている。




・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


弱みの中の強い空気!?・・・!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-03-17 10:12 | 弱小ホールの悩み

<< 「失業救済」の動き,大いに評価... コストをかけない差別化 プレイ... >>