大手店長のご祝儀相場に泣いた   


大手店長のご祝儀相場に泣いた



1.大手店長の調整術は絶好調に達した

経験17年目
アルバイト9か月
正社員3年
副主任1年
主任1年
店長9年
釘歴
機械ャで釘18の頃から
店長してまた9年
大手勤務歴?年


店長時代の稼働(ここに来る前の店舗)
立て直す前20.000
立て直し後42.000


話は調整方法へと続いた。
波の打ち方の対処の仕方
この地域の給与状況
極端な波をつくった。
あける時には全台あけ、閉める時には全台しめ。

ヒマな月は1回の入れ替えで2月は1回・・・
おカネのある時にはしめて、ない時にはあけるなど、
店長の話は段々と過去にいた大手の話へと移って行った。


教訓は
粗利を客負担で出していた。
①1.100円を超えるとダメで戻ってこなかった。
②もうひとつは粗利を粗利率で考えた。


42.000稼働になってからは、釘は無理に触らないようにした。
生命釘はそのままで、同じくして玉の流れを調整する。

店長の話は絶好調に達した。





2.新入店長のご祝儀相場

営業会議では粗利目標を負担のないようにと下げる。
新台入替機種も優先で台数も余分に配分した。
会社の新店長就任のお祝いである。
最近でも見かけるがめっきり少なくなってきた・・・


就任から4~5ヵ月。
彼はシュ~~~ンとしていった。
とともに成績も急降下。
ここに限ったことではないが・・・


彼は自分で自分を殺してしまった。
数店舗の店長が集まっての会議。
あれだけ、絶好調だった店長の力説とはおもえない。
か細い声で「わすれました・・・」の連続。
店長たちは憤慨している。
高くついたご祝儀相場のせいなのだろうか。


釘調整はできるが
データを見るだけで・・・
実績分析が読めない。
イベントの企画ができない。
スタッフ指導ができない。
よく遅刻をしてくる。


もともと店長たちも勉強会で基本能力は実践を積み重ねて、
無から始めて辿り着いたことには違いはないが・・・
大手店長に過剰の期待感があったのだろうか。

その他のできなさが巨万に映るのだろう。
せっかくの釘調整能力も宙に浮いてしまった。



プライドが高くて素直に聞けないのだ。
数字の羅列でしかないが良いとこを探しては、
評価をすることを前提とした。
評価すると浮き上がって他の視線が冷たく
厳しく対応すれば溜息さえ聞こえてくる。

個別にふたりになって作業することも度々で
店舗に訪ねて幾日も
実績分析の仕方や
ミーテイングの仕方に至るまで
時間外は深夜にも及んだ。





3.「データを見て釘だけ店長」

終わっていっぱい飲みに行く欲望が先になってすすまない。
いっぱい飲むことにつきあったり、彼の話に耳を傾けたり、
どうにか彼が店長たちから孤立しないように後押しをする。

見知らぬ土地にひとり来て淋しさで倒れる店長もいる。
本来、激務であり過ぎるから大手の店長には向かないのかもしれない。

「データを見て釘だけ店長」には場違いであったのだろう。
弱小店舗の店長は何でもしなければならない。
誰よりも早く出勤して、誰よりも遅く帰る。
ときにはスタッフの悩み事も聞いてあげたり・・・
ときには負けの込んだお客さまの愚痴も聞いたり・・・


まあ、機械屋さんでも訪ねて来た時だけが生き抜きなのか、
ついつい話が長引く店長もいる。



店長は誰よりも孤独である。
誰よりも成績には責任があるからだ。
閉店後の静まったホールでひとり泣きたいときもある。
責任は一緒でも、稼働対比粗利は
玉利とか粗利率に敏感な大手店長には
想像を絶するばかりか
それで立往生をしてしまう。
ここが弱小の地盤に耐え抜く別れ道である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


不屈の精神と限りない謙虚さが
現実を見つめる原動力にもなっている・・・



稼働の伸び悩みに
真剣に立ち向かっている店長ほど、

良く笑う!

そんな底力の裏返しに出会うこともしばしば・・・





4.謙虚さはヘンコツとは相反しても

昨今のような業界の激動期には
店長たちにも混乱が起きている。
自分の知識や経験を超えてやってくる

だから、「データを見て釘だけ店長」には
調整作業能力が高いだけだから・・・
「予定された仕事でも答えのない課題」に
直面するたびに無力になっていった。


結局、彼は辞めていった・・・・・・・・




この店長のように大手で、
なまじっか稼働を上げた店長で、
プライドも人以上に強いためか・・・
ひとの話に「本気で耳をかたむける」
ことができる謙虚な能力が欠如している。


まして、経験も能力もない自尊心だらけの
店長の前途に手を差しのべるの者はいない・・・


強情で謙虚さにかける店長の中には、
ひとの話を聞くことができないから、
「表面化した問題の裏にある問題」が見えない。
どうしても判断が甘くなる場合にぶつかる。


解決の方法がまるでモグラたたきになってしまのだ。




この店長には真剣に言った!

ひとの話を、如何に謙虚に耳を傾けるかは、
自分にとっての何の恥ではない。

プライドを下げることにもならない・・・
むしろ、周囲からは親近感をもって印象もよくなる。
あなたの成績にきっと反映する・・・

謙虚さはヘンコツとは相反しても
強い信念と少しも矛盾はしないということ。
いまこそ、強い信念と謙虚な姿勢が
激動の時代に求められている能力ではないかと・・・



ひと波乱後の店長たちの結束は強まって行った。
雨降ったお陰ならば、もっと強くふってもらいたかった!?・・・
また、大手店長のご祝儀相場に泣かされた・・・


・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


また、大手店長のご祝儀相場に泣かされた・・・!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-03-24 08:29 | 弱小ホールの悩み

<< むやみに攻めたらアカン!あと、... 「親切が癖」になるまで「親切競争」を >>