京都の現場からうれしい悲鳴が・・・   



京都の現場からうれしい悲鳴が・・・



1.生きる力を閉ざした店が粗利3店舗完全達成!稼働も上向き!!


弱小3店舗の現場に乗り込んで
指揮をとって、まだ間もないが

閉ざされた暗たんたる成績に風穴をあけている。

闊達なメールが届いた。





「3店舗粗利達成!!
余分に取ります。
2店舗は海の稼働が向上!!・・・
確かな手ごたえを感じています!」




近年、なかった数字が塗り替えられようとしている。
この店は粗利と稼働の低迷で
機械代も払えない自転車操業をしていて
ちょっと、前までは生きる力を失って、
完全にその扉を閉ざす直前であるところを
決死な気持ちで駆けつけた店である。

詳細については後日、触れる機会があると思うが
今はただ、ただ、見守ってあげたい気分から
彼らの詳細まで言及することは控えたい。









2. 長い目で見るより、ここ数カ月の採算


今を生きなければ明日はない。
長い目で見るより、ここ数カ月の採算!
目先の利益ほど大事なものはない。



長期展望ばかりを描いて
現在の足場を疎かにするほど余裕はない。
一寸先は闇であるのに
それでも夢をみるのか。



訴え続けた!!



夢では飯は食えない。
仮に腹が減って、
カレーライス350円を注文したけれど、
自分の夢の券1万円を渡して、
お釣りの9650円を返してくれるだろうか。
でもそんなショップがあれば、
どんなに楽しいんだろうかと思うが・・・






現実と夢の違いには雲泥の各差がある。
だから、今を生きなければ夢も見れないと
必死に励む弱小の考えに共感がある。



1年後の1.000万円より、今の100万円
100万円がなくて、店舗生命を失うことには代えられない。

見栄も外聞もないとはひと言で言っても、
見栄も外聞も考えないでいられないのが人の心というもの。


いまを生きるちからが、なければならない・・・
ここに弱小にしかわからない悩みがある。







無料会員のみなさまへ
連休中の粗利などお困りでしたら、
ひとりで悩まずにいっしょに、なって考えましょう。
ぼちぼちと、連絡があちこちからありますが
新たな気持ちを共有して絆を深めていっています。


大したことはできませんが、
無料ですので気をつかわずに、
それでは、よいっしょと、憂鬱な気分を
リフレッシュしましょう。


元気のないひとに、元気を出せとか
頑張れない人に、がんばれとは言いません・・・・・・・・・・・・




・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp



京都の現場からうれしい悲鳴が・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-04-30 14:23 | 弱小ホールの悩み

<< 東北のみなさん!わい、あんだば... 長野のみなさん元気ですか!善光... >>