パチンコするひと、このゆびとまれ!   




1.逆に、固定ハンドル歓迎!!


固定ハンドルがうるさくなって、
コインを挟めるスキマを探すのに苦労している。
昔のように、アースをとって、数台を占有するような、
悪もいなくなって、整然としているホールなのに、
なぜ、いまさら固定ハンドル禁止は理解できない。

逆に、固定ハンドル歓迎!!
ハンドルも硬貨など挟まなくてもいけるようにしたらいい。
ハンドルの微調整でも固定が可能なようにつくればよい。
ただ、アースは取れないように制作すれば、
なにも、固定にこだわることもなくなる。

1948年風俗営業法の施行から60年も過ぎたが・・・
ハンドルにカイモノはダメ!

健全なムードを装った鉄火場なのか、
鉄火場であるギャンブルの火消しに躍起な健全さなのか。
どちらにしても中途半端で、業界の曖昧な立ち位置に、
いつまで振りまわされて行かなければならないのか。


風俗法改正とか条例いかんで、もろに衝撃をうける。
あと10年後にはカジノができると有力筋は語る。
カジノが着々に進行しているとすれば、
パチンコを一定な範囲のなかで、
不安定な存在として利害関係を温存しておくことが
現状としては都合がよいのではないか・・・と、
いつなん時、崩壊してもおかしくない状態のなかで、
パチンコ業界はさらに混迷を続けるだろう。


過去競馬が健全のように、カジノ善、パチンコ悪に
拍車がかかってもおかしくはない。
いつ崩壊してもおかしくない、
生殺しのような時間はいつまで続くのだろうか。







2.パチンコのしすぎで腱鞘炎に


最近、「その指どうしたんですか?」と心配する声がふえた。

パチンコのしすぎと言えば、笑いがとれるが
これ事実だから笑えない。
パソコンのしすぎと言ったら、もっと、怪訝な顔をされてしまった。


1か月前から中指のリハビリーに通っている。
何で、そのくらいの事でと思うでしょうが・・・
激痛が走り出してから、整体施設に厄介になるようになった。
以前も何度か指を痛めることはあったが
ほっておけば、回復していたので、それがいけなかったのだろう。


痛み出してからもう、1年以上にもなるのに、
痛みは治まらず、渋々通う羽目に・・・
テーピングをして固定しているからまだマシであるが
素手ではとても、生活できない。
ハンドルを握る中ゆびが腱鞘炎になっても
足もとはパチンコ店へ向かっている。


パチンコ店でふっと思った。
ハンドルを握る時に、
人差ゆびと、薬ゆびは役に立たない。
小ゆびは、ただの遊びゆびにすぎない。
ハンドルは親ゆびと中ゆびが
大きな役割をしている。

普段は、「中ゆび」は、あまり活動が少なく、
真ん中にあるから、「中ゆび」程度なのだろうが、
パチンコとなると違ってくるからおもしろい。

それにしても薬ゆびは何でくすりの指!?
パチンコのハンドルも握れないで、
中ゆび以上に役にたっていないのに、
りっぱな、なまえがついている。



中ゆびをテーピングされて動かせない状態にしてわかる。
不便さは、少し荷物を持つ時に、
親指と人差し指では、踏ん張ることができない。

オマケにキーボードを打つのに
手間と力が加わってしまって、
ストレスを感じている。
ブラインドタッチのできる人が羨ましい。
いつになったら、一般に普及するのだろうか。
音声を吹き込んで変換するパソコンは・・・







3.遊技観戦とは、観戦(観察しながら対戦する)と呼んでいる。

パチンコはギャンブルを重ねるからおもしろい。
もっと、おもしろいのは観戦して見るとやめられない。

若い女性がMAXにふうっと、立ち寄るとこを見かける。
年配客の女性層の遊技観戦は、なお、おもしろい。

素人ぶりは、ぶるほど、乗っかってくれるから、
遊技しながら対戦をする、勉強になっている。


ここでいう対戦とは、ハンドルをもって遊技に興ずるひと。
つまり遊技対戦に夢中になっているお客様である。
が、私のような立場のある人間は、
遊技だけに夢中になりたいけれどなれない。


遊技対戦だけをすることはごく、稀で、
時間の関係で退散しても、
気になって、後日は必ず行く。

今度は気になった台の側でプレイの参加者になる。
対戦模様が気になっても、対戦だけに没頭したりはしない。
遊技しながら観戦して、観戦しながら遊技をする。

遊技対戦をしているひとを見るだけの人は見物客。
観戦客とはいい難い。
この両面の行為にそって、
初めて客心理を観察する前提条件がそろう。
それをテーマをもって、如何に体系的に、
密着できるかに価値観があるようでならない。


リーチに手放しをするお客のほとんどは遊技客である。
観客でもない、見物客ではない、対戦客である。
わたしは遊技をしながら、お客を観察することを
観戦(観察しながら対戦する)と呼んでいる。
理由は、ひとつお客さまの気持ちを共有したいから・・・
事務所でカメラとパソコンのページをめくりながら、
稼働数や粗利の推移を追いかけている限りは、
しょせん、作業工程管理のワクのなかの行動にすぎない。







4.現場の目線はどっちに向いている!?


パソコンでは解明できない謎が
現場に浮上しているのがわかる。



そこには顔色も、表情も、感情もなく、
ざわめきも見ることはできない。
顧客の行動パターンも、単なる数値展開して、
マニュアル化している作業手順を
滞りなく従順に進行しているに、過ぎない。
そして、知らぬ間に盲目的な事務所人間になってしまっている。
現場を見る眼が退化してしまっているのだ。
そこが問題でそこに深刻さがあるとは思っていない。


どこの事務所に行っても一律なのは、
カメラに群がってシャベッテいる。
パソコンの数字を黙々と見ている。
雑談に参加しているのは
機械やか、
チラシやか
そのような工程を否定はしないが
積極的に肯定する気にはなれない。

マンネリのチラシにいくら時間を
かけてもマンネリはマンネリ。

惰性的な入替作戦のなかで
機械導入を手掛けても
慢性的な集客の宣伝の域を超えられない、
機械ャの罠にハマっているしかない。
それ以上の突破口にはならない。

事務所から離れてパチンコ観戦をしょう!
カメラでは見えない、
視線、目つき、顔つきは正直に反応している。
お客さまの声に耳を澄ましてみよう。




それを見逃しているなら、もったいない。







5.パソコンでは解明できない謎


チャンスボタンが壊れている。
よく回るが客つきはよくない
事務所はそれを知らないで、
稼働の数字が凹んでいるのでアケテいる。
もう、1か月もなるのに修理がされないで放置されている。
そんな台があるから、自分には好都合である。
スタッフは勿論、主任も知らないから、
その上が知ることもない。

いまは、もうチャンスボタンは、
すっかりと定着して、
顧客参加型遊技機に多大に貢献してきた。
なくてはならなく、ツール化している。

最近では昔と違って、
入替サイクルが目まぐるしくて、
ハンドルの故障は先ずない。
チャンスボタンの故障がある機械は決まっている。
ボタンの故障は稼働に比例していない。
ボタンを押すと叩くと殴るではエライ差になるが・・・
それがホールの現実。
大海SPより慶次、北斗のようなバトルものか、
パトラッシュのような攻め際一発の機械は、
ボタンの押し方も白熱しているからだ。


それに、出目の出現率にこだわる客層が
多くみられる中で、彼等の台につく条件として、
ボタンが起動しない台は敬遠される。

牽制球を投げられない訳がある。
それが抜け道である。
機種の目標稼働が40.000発で
130%~140%営業を試みても
350番だけは、20.000稼働で
差玉4.0000でもしめられない。
そんな日が幾日も続いても
店としては放置するしかないからだ。
たまたま、基板の流れでへっ込むことはあっても、
スタートの安心感は、他の台とは比較にならない。

そのほか、
イスの座り心地のわるい、
冷暖房の効き過ぎるとこなど
チェックの甲斐はあるだろう。
パソコンでは解明できない謎は、
このようなところにもある。

わたしの必勝法でもある。






6.パチンコする人、このゆびとまれ!


超音波治療をまじめに通っている。
もう1か月になるが治らない。
とっても役にたたないマッサージや。
町にできすぎの整体ショップ。
もっと競争してレベルアップしないのか。
需要のありすぎで、質の向上はまだか。
なかの人はみな、20~30代で専門学校卒。
国家試験合格者ばかりで10人もいる。
みな先生と呼ばれて得意になっているが
素直でやさしく、いいこばかりだが、いまひとつ!?
医療機関であるわけだが、
設備機器にも限界があって、
レントゲン撮影が許可されない。



先生方に聞かれるが
パチンコのしすぎで、と言っても、
なぜか、ウケない。

パソコンのしすぎに変えたら、
みな、心配してくれている。
どんな姿勢で?
キーボードの位置は?
など・・・

テーピングが終わって、
「これでパチンコが安心してできる!」と言ってみた。

意外とつっけんどんな、対応には意外であった。
「ダメですよ。しっかりやすめてくださいよ」


やすめるならば苦労はしないよ・・・と、
その道でパチンコ店へ・・・


パチンコするひと!
このゆび、とまれ!と、
ナカゆび立てたらどうだろうか。

今度、やってやろっと・・・






・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp



パチンコする人、このゆびとまれ!・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-05-07 09:40 | 釘の家庭教師

<< (―)×(―)=(+)発想には... 衝撃発言:このおカネがあると頑... >>