努力が大嫌い!   




努力が大嫌い!







1.努力ほどバカバカしいことはない


急に努力が大嫌いなんていうと、
私のイメージが崩れてしまいそうな不安もあるが
でも素直にありのままを言おうと決心したのは、
努力して悩んでいる人々を見ると隠し通すことは、
申し訳ないと感じてしまうからである。

努力には色々な矛盾がある。
努力してもできないこともある。
しかし努力しなければ進めない。
でも努力しなくても出世する人もいれば、
努力しても失敗ばかりで自信をなくしていくこともある。

しかし、
努力しなければ、努力をする方法も見つからない。
弱小店舗は努力してもダメな場合もあれば、
中大手企業ならばたいした事もせずに稼働が
バンバンと、伸びていく例もある。
だったら努力ほどバカバカしいことはない。

そうすると運命なのか
疑心暗鬼が生じても仕方があるまい。
おそらく、この時間から夜明けまで、
会議や釘調整や勉強に励む店長もおれば、
ああ~疲れたと早めに引き上げる人もいれば、
いっぱい引っかけて帰ろうかも当然ありである。








2.前半に努力か、後半の努力か


ヘルニアで腰を患って以来、ちょこちょこマッサージに行く。
保険で、一律400円で40~50分ならば、大変にお得。
それでスタッフは全員専門学院卒で実践経験も豊富。
お客さまとのスキンシップも大事な仕事の要素にしていて会話も弾む。
国家試験の難関を突破してきた努力家の集団と言えるだろう・・・


中島先生は38才。
独身。
大学も出て、マッサージと針灸の専門学校2校を卒業した、
れっき歴としたマッサージ師。
プライドがあって自信に満ちている。


その先生が学生時代に遊んで勉強もせず、
試験はカンニングの研究をしていたというから信じられない。
如何に小さな字で手元に書くかを工夫していたという。


そして気がついたら、
婚期が遅れていた典型的な遊び人学生時代であったらしい。
あの時にもう少し勉強していれば、無理しないで済んだのに・・・
年行って何かしようとすると負担が大きいというのだが、
まだ38才。


そこで、自分への慰めなのか
弁解じみた自論をぶちあけていた。
前半に努力して後半に遊ぶ人と
前半に遊んで後半に努力する人がいる、と・・・
ひとはならしたら、みな一緒ですよ。
うまくなっているんですよ・・・ですって。


そこで、ひとこと。
前半も後半も努力の人と、
前半も後半も遊んでいる人がいる、と・・・
そういったら、返事にこまっていた。


努力が大嫌い
コツコツするのが大嫌い
ずぼら、なまけ者だが・・・
好奇心が強いために飽きっぽくなるといえば、
良い方に解釈ができる。
楽観的でおおらかで、いい先生だ。
しかし、オデコの広さが気になっているらしく、
ハゲも努力次第で治せるというのは、どうかなっと!?








3. 根っからの面倒くさがり屋の自分だから


そういう自分はもっとヒドイもんだった。
20代の時の独身寮の恥話。
いまだに未公開だが少しだけ触れておこう。
洗濯は嫌いだから下着のピラミットで、
炊事場は洗いモノでカビがいっぱい。
掃除をしないので足の踏む場もない。



努力とはちょっと違う根っからの面倒くさがり屋である。
面倒だから、努力しないで済む方法を考える。

それでも事務所の机周りの評価は高かい。
ゴミひとつ落ちていないから、
几帳面ですねと良く褒められ、
笑いがとまらなかった。
「掃除をしたくないから散らかさない」を
モットーにしてからは、とにかく綺麗だと言われる。
それからは変身をとげたように見えたが、
プライベートは、やはり洗濯の山、洗いモノの山だ。
自分でも、同一人物がする行動には思えなかった。




テストも山カンで
いつも何か手早く要領よくできないかコツを探していた。

世界の国や首都、県所在地などを覚えたり、
歴史の年表とかを暗記する場合も

1時間かけて暗記している人の横で
何も暗記はせず、どうしたら覚えられるか、
暗記するための方法を考えていた。
ホントに努力が嫌いが大好きだった。



あの頃が懐かしい・・・
が、今でもそのような癖はなおらない。

読書も途中でやめたり
掃除も嫌だから汚さない
だから、必要なものは手の届く四方においておく。



人間の性格は一面だけで見ると、
否定的にしか見えないが、
その裏面には、良いところもある。
自分で言うのもおかしいが・・・

欠点が長点だなんていうと、可笑しくなるが
暗記しないで、暗記方法ばかりを考えるのも、
努力のウチなのというと叱られるだろうか・・・
都合の良い解釈と大義名分を考えたりいて・・・




釘もどこがポイントなのか。
出玉放出もどの曜日の時間軸を押さえておけばよいのか
どの機種がどのタイミングで、どの作戦に連動すれば、
最大公約数をはたせるのかなど・・・
面倒くさがり屋の自分はポイントばかりを
探していることがある。



努力が嫌いだからもっとも効果的なボタンをつくって、
ボタンのスイッチを押すタイミングにこだわって行く。
最大の稼働を伸ばせる接点を見逃さない見せどころを
踏み外すことのないように、そこが気になる。
そこをしくじって、またやり直すような、
努力はしたくないから、
嫌でも面倒くさくても、そこではやり続ける。



結局は努力しなければ、
努力をする方法も見つからないのか!?・・・




!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


努力が大嫌い!?・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-06-05 00:12 | ないないづくし戦略

<< 我慢を貫く社長の賭け/  身に... 店舗選択の失敗 >>