イベントの翌日にも続けてきたお客が瞬間的に稼働をつくる   


イベントの翌日にも続けてきたお客が瞬間的に稼働をつくる






1)1万台に1台しかない確率であるようです・・・


ちょっと、これは異例なケースで
ある夕暮れで辺りは暗くなりかけていた。
パチンコ店の駐車場での出来事。

自分の車だと思って5メータほど先から、
ロック解除してドアーを開けて、
運転席に座って座席の前後をスライドしながら
「えっ、なんで!?こんなにハンドルが近くにあったかな?・・・」
運転席に座ってみたら、
飲んだことのないジュース缶がおいてあった。




「え~~~これ、俺のと、違ううううう!」と、
ドキッとして心臓が止まる思いをした。

急いでとび降りて自分の車を乗り換えたが
誰か見ていなかったか気になってしょうがない。
たまたま、開いてしまったとはいえ、
理解しがたいことである。
もし、車の所有者がいたら、大事件に発展するところであった。
大分、以前のことだがドアーのロックをしたかを思い出せない。

なんで、間違えたのかって!?
ただ覚えているのはクラウンの車体と
駐車したレーンがその辺にあるということだけである。




ロックをしていない車に乗る時の
不安は普通ではないはずである。
大変なご心配をかけてしまったならば
失敗では済まされない。

翌日、トヨタの営業マンは何度も平謝りで・・・
本社に問い合わせで大慌て。
「1万台に1台しかない確率であるようです・・・」
「おい!一万人にひとりでもあったら、大変なことやろ!」

こちらで開けられるということは、身の知らぬ誰かが
自分の車も開けることができるということやないかと、
抗議をしたが以前から懇意にしていたため、
鍵の交換だけでおさめることにした。
いま、考えてもぞ~っとする。
当時はとんだ新車を購入してしまったことを、
ひどく嘆いたものだ。




そういえば、数日前に区役所のエレベータで
人の流れにつられて行く女性はあれ?といいながら、
また引き返してきた。
1階じゃないんだあ?と思い違い。

信号待ちしている時に、
となりの数人が歩きだしたらみな歩きだしたのだが
信号が赤で、左折の車のクラクションで、
気づきハッとしたことがある。

習慣化した行動は止まらないというが
大失敗が大失態となりかねないことには要注意!








2.釘調整の習慣化した勘


普段、何気なくしている釘調整も勘ではダメで、
数値化されなければというけれど・・・
数値のあとに行うのは釘で、
その釘と言えば殆どは勘に左右されていることがある。

例えば、
昔はデータなんかない頃、お客さまの顔色を
見て釘をすることは釘師のウデ見せどころともいえた。
いま思うとそれこそ大事な技量であるような気もする。
このまえ、
イベントの付きが悪くて粗利を取ってしまって、
アタマにきたから次の日に思いっきりアケテあげたよ!トミさん!
そうしたら結構、客が追いかけて
多少の赤が出たけど良かったですよ。


ちなみにこのひと、もとは銀行マンで融資係・・・
でも、計算なんか大雑把ですよ。
(この店、社長が釘して、義理の弟に釘を特訓中!)
これからは、イベントの次の日にアケテあげようかなと
思っているけど、トミさんどう思います?

今度のイベント後の稼働の良さで、
すっかり、思い込みができ上がってしまったようで・・・







3. イベントの翌日にも続けてきたお客が瞬間的に稼働をつくる


良い思い込みじゃないですか。
その思い込みは計算されたものであれば
戦略的なタマモノですよといってあげたら、
喜んでいたけど、わかっていない見たいだった。

イベントの翌日が実は本命なんですよ。
ですから、イベントの次の日に出してあげると、
稼働がきゅ~ンと伸びるのですよ。
イベントの翌日にも続けてきたお客が瞬間稼働をつくる。
集客の貴重な役割はよくじつなんですよ。
イベントの翌日の来店客が本当のお客なんですよ。
だから、社長はスゴイことをしたんですよ~・・・




一生懸命に話したのに、ただ喜ぶだけで、
利益計算にはつよいが稼働の作戦には興味がない。
そんなもんだ。

銀行マンで、ずる賢いのをよく見かけるが・・・
貸したカネと借りたカネの貸借には
敏感なだけで返済に悩んでいるひとの
キモチには心をよせないことがままある。
借りたカネは返さないという本が爆発的に
売れたのも理解できない訳ではない。




それにしても、思いつきで降ってきたような味は
蜜の味より濃厚なのかも知れない。

習慣化した動作も止まらないが
思いつきの成功体験はやめられなくなる・・・




★イベントの次の日に客づけ方法を考えると
  集客のキッカケがつかめますよ!!
  
  詳しくは相談室へ・・・


!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


イベントの翌日にも続けてきたお客が瞬間的に稼働をつくる・・・!?・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-06-22 08:30 | 釘の家庭教師

<< 店長の激務:最愛の社長とのめぐ... お客さまの気持ちが判らずしてはぶれる >>