曖昧さが特徴の店   


曖昧さが特徴の店





これは店長も含めた会議での言葉で過去を反省しての社長発言である。
「すません。実績表をみせてください」という質問に、
あせるように答えたのが社長である。

*****!?*****!?*****





すべてが曖昧!


戦略も、覚悟もない。
時間も曖昧で建物もいい加減につくっている。
私自身の心と体があいまいですべてを明確にせずに今日に至っている。
「5月から7月の実績表をもってきてください」と、
言われると、それらしいものさえない。
「売上と割数ならばありますけど・・・」
第3者がみると何やっているのだろう!?となる。
これがこの店の特徴のような気がする。

何で曖昧になるか。
戦略とかの目安があって、やっているものでもないから・・・
できそうなのか、できないのか責任も曖昧になっている。
これが体質になっている。

いっぺんでも、7月に、
8月の粗利をどの位にしようかと話をすることすらしなかった。
やりたい放題でやってきた。
このままほっておけば、他にも転移する。

8月も7月までのようにやっていれば、あの粗利は出ることはなかった。
今までは「へそ」ばかり閉めてもダメだった。
しかし今度はへそは閉めずに閉まった。
あの時の7月で、もう店は終わりかなと思っていたのに・・・




わたしはパチンコ屋の社長らしくない。
学校の先生か、官公庁の役職?病院の先生タイプ!?・・・
でも、そういう人がいてP店で力を発揮するとした時には、
良仕事ができるかもしれないですね。




体質を変える!
いまの時代性にあうように・・・
しかし、自分たちを変えなければいけない。
でも変えられない。
体内の毒素がどうしても出てくる・・・
これは統制しなければならない。
誰かがわたしたちを・・・





*****!?*****!?*****

「曖昧さ」について見事に解いていて鮮やかでもある。
でも、社長の返事は良く変わる。
迷うのがしょっちゅう繰り返されて
現場はそれにふりまわされている。
優柔不断な人間であると自分で認めている。
だから、少しは安心だ。


今までもチャンスはいくらでもあった。
そのようにしないとわかっていてもしない。
だから曖昧さだけが残る・・・






****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


曖昧さだけが特徴の店!!・・・・・・・・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

やりたい放題でやってきた!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-09-03 00:25 | 弱小ホールの悩み

<< 「200番台を打つ理由」 アメダス >>