勝てる気のしない空気(№1)玉が減っていくねん!!   



勝てる気のしない空気(№1)





1.姉ちゃん!打っていたら、玉が減っていくねん!!・・・

女子スタッフの熱心なお客さま思いが伝わった瞬間であった。
休憩の交代とともに、わたしに向かってのべる、
熱心な口調と視線は現場に密着していた。

「めちゃ、泣きそうなオバちゃんやけどな!
姉ちゃん!打っていたら、玉が減っていくねん!!・・・」
と、声かけられた。
(確率変動中の玉が減っていくということだ。42個交換)

「うん!?そう~ですか・・・」
忙しさのあまり、同調するかの接客でその場を凌いだというが・・・

めちゃ、かわいそうで見ていられなかったが・・・
相手にする時間がない。
ランプランプランプ・・・で、
あのオバちゃんを思いだしたら、
あの悲しい仕草が浮かんできて笑えるわ~
悲しい訴えがそのまま似あっていて、
あきれ笑いを吐露していた。








2.取り戻せる気にならない気分が、突っ込むのをやめさせる

確変終了までの30分に何が起こっていたのか。
確変B、93は、やり過ぎだ。
1分で7発、30分で210発が
お店側に吸い込まれているってことだ。
大当たりするたびに、持ち玉から840円の
損害を被っているってことは言うまでもなく、
10回の大当たりで8.400円の
吸い込みを容赦なく体感することになる。
(スタートの3個戻しは除外した概算)

いくらスタートをまわしても,、
1万円を取り戻すのに
換金の3倍以上の労力を要する店に顔を出しても
本気で腰を据えて打とうとはしないのは当然だろう。
42発のTY1400で想定して見ればあきれてしまう。
取り戻せる気にならない気分がつっこむのをやめさせる。

2年前は地域トップ!
しかし、2年前比客数はちょうど、半減した。
その時も42発であったが稼働が潤っていた原因の
決定的な違いは「店長の交代」である。
2年前の店長には「玉の出し方に期待感」があった。
その実践にあくせくで、切磋琢磨の余念がなかった。
よ~く、ふたりで詰めに詰めた記憶が昨日のように浮かんでくる。
42発でも戻せる期待感を出玉の作戦という
裏付けがあきらかにカバーして行った。
店長によっては実行プロセスとか行動パターンが漠然とすることもある。
同じレシピーを揃えても手加減のあまさが響いてくるのは常にある。
そのさじ加減の曖昧さがある日突然に
稼働の低落をもたらすことがある。
また、その時の手立ての放置と欠如が
更なる低迷さをみせつけて、あっ~というまに、
戦えない数字に溜息をつくことになりかねない。


取り戻せる気になるという換金率もさることながら、
取り戻せる出玉アップをするべきで無頓着だ。
どうしても割数バランスが気になるならば、
TY調整をすべきで、やっと大当たりして、
次回の喜びの待ち時間にケチをつけかねないことだけはやめた方が良い。







3.出玉とお客さまのストロークの変化

最近で何度も目撃しているのは地中海の大当たり時の
お客さまのストロークの変化である。
大当たり発生と同時に「やや左気味の真ん中打ち」だ。
すると、右アタッカー周辺にも2~3割の玉が集まって入賞するのだ。
アタッカーの左を殺す釘が閉店時のデータ本位であるため、
営業時には台ごとにバラバラ感を発生させている。
それはピッチだけに気を捉われて角度度外視の調整の
弊害がその結果をもたらしている。

店側でそこまで神経をつかうことは過去のことになりつつある。
データさえあっていれば、良しと見る考えが
お客さまのハンドル操作にも不快感をあたえているのに、
それを語るのは少ない。
データ合わせ師なのか、命だけ合わせ師なのか・・・
釘の技術師はめっきり少なくなってしまった弊害が及んでいる。


1個でも余計に手元に戻そうとする、
真剣勝負に賭けるプレイヤーの心意気からすれば、
いささか、釘の事務職の窓口感覚を超えられないでいるのは残念である。
そこからは釘職人の手びかりしたハンマーから感じる殺気などはない。
手汗の匂いも届かず無味乾燥といえば、きっと怒られるに違いないが・・・
それを現実に見かける限りは問題を直視しなければならないのではないか。




この女子スタッフが泣きそうになって、
事務所で語った心情こそ、お客さま視点ではないだろうか。
現場感覚をキャッチする素直な反射神経が麻痺しているのか。


店側の独断的発想に
押しつぶされそうになっている時の、
客側の判定は決まってノー!
不思議と機種支持率も、
勝てる空気のしない店舗の順位からシッカリと身切りつけている。


店側の思う大当たり感覚は客側とは一致しない。
その距離は、段々離れて行っているような気がする。
店側の思うツボになってきた時代は終わった。
店側の思惑が客側の喜びとなってもらいたい・・・






****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


ぽちっと一発!?・・・・・・・・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

勝てる気のしない空気(№1)玉が減っていくねん!!・・・!?~↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-09-20 09:29 | 釘の家庭教師

<< 勝てる気がしない空気(2)おや... お客さま最優先主義!道のりはま... >>