玉貸してえ~から、おカネ貸して~になったとき   



玉貸してえ~から、おカネ貸して~になったとき





1.あるブログに取りつかれて

負けを取り戻すと転じた最も危険
負けるのが悔しくても、引く勇気をもてるか!
あるブログに取りつかれてしまい何度も読み返した。

一部抜粋であるがご紹介したい。
「出玉の海で泳ぎたいっ!!」


タイトルは負けるのが悔しくても、引く勇気を!
「・・・・・・・私は勝率が高くなる立ち回りを目指しているだけで
全勝を目指しているわけではありません。
実際、全勝する人間なんてありえませんから。

とにかく等価交換で千円35回まわったって
キン肉マンの設定6を打ったって
負ける時は負けるんです!

とにかく勝率を上げていくためには
いくら負けていようとも諦める勇気は必要なんです。
ダラダラと一発逆転を目指してホールに居座ること
これこそが無駄な負債を背負い込む一番の原因なんです」







2.玉貸してえ~から、おカネ貸して~になったとき
軒並みの言葉のなかに、
客心理の鮮烈な葛藤を見るような気がした。
ギャンブルの真髄をえぐる表現である。

取り戻そうとするひとのパターンでいけないのは、
「おカネ貸して!」である。
今日は3万円まで・・・・・・・
これがなくなったらやめると決めて出てきたのに、
やめる決断ができないのだ。
「勝ったら返すから!」
これはギャンブラー思考である。

ギャンブルで負けたカネをギャンブルで戻そうとする。
ギャンブルを知っているようで知らない
人間の恐ろしさがここにある。
先日も、海SPの常連で女性客。
玉貸してえ~~~
また、ちょっとして、また貸してぇ~
今度はちいちゃな声で、申し訳なさそうに。


ここまでは「顧客の射幸心動向」を追跡するなかで
頻繁に見かける状況である。
特に玉のヤリトリOKが営業形態として定着する最近では、
「玉貸してえ~~」である。
それが「おカネ貸してえ~~」になると危険である。
もとを取り戻そうとする天敵モードにハマッテいる絶頂期段階である。
そうなると誰が何を言っても聞く耳をもたない。






3.自店の顧客の射幸心動向を観察してみよう

自店の顧客の射幸心動向を観察してみよう。
何人かの顧客ターゲットを設定する。
射幸心を段階的に区分する。
時間ごとに追跡する。
これだけでよいから、これを担当を決めて
数週間もすると自店の客層の射幸心程度が
浮き上がってくるのではないか。
言うまでもなく小さな店舗では
この程度のことはしなくてもいつもの常連動向の把握が
詳細にされている場合が多い。
でも、それぞれのアタマのなかにしかない。
MAXタイプの心理描写をちゃんと整理するほど、
客心理を手元に見て作戦化するって、
意外と身近なところにもあるような気がするんですが・・・

****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


ぽちっと一発!?・・・・・・・・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

玉貸してから、おカネ貸してえになったとき~~~!!~↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-10-05 09:43 | 弱小ホールの悩み

<< 「ピンチヒッターこうちゃん!?... 割引券騒動~~~!! >>