無料相談室の旅路で・・・№1 秋田   


無料相談室の旅路で・・・№1 秋田



競合の厳しい波風は秋田県は田沢湖から仙山市までも飲み込むのかと思うと

なすべき我々の弱者再生の使命を改めて強く感じずにはいられません。



駅前の○○○店は既に廃業していて、

廃墟となった残骸がとても無残さを引き立たせている様で、

パチンコ店舗の苛烈な戦争は

もう全国津々浦々にまで波及したことをあらためて痛感しました。



トップの姿勢からは厳しい現実を真っ向から受けとめ、

そこから這いあがる対応に必死な姿勢と・・・

反面、経営者のあきらめムードと投げやりは

今日の戦場の厳しい実態を端的に表現しているようで

複雑なキモチでいっぱいです。



でも、この難局を乗り越える弱者の根源は人間力です。

アタマとウデと心の力に勝るモノはないと信じています。

忌憚のない意見交換ができた事を嬉しく思っています。




お客が少ないのは本当に何のせいなのか、

今一度、弱者の戦略視点から、

あぶり出して見たらどうかな・・・と



自店舗を先ず弱者と認める事をしない気持はわかりますが

鮮明にしなければ始まりません。

パチンコ店舗の弱者の戦いとして本格始動させた時から

行動計画が成立して行くのではないかと感じています。



パチンコ店舗における弱者の戦法は弱者でしか解らないモノであり、

それは誰にも簡単には真似のできない戦いでなければならないからです。


発想を変えた時から1日の売上が50万円もあがり・・・

システムを確立した時から、また50万円が増えて・・・

人間力を発揮した時から、また50万円が加算されて・・・

売上300万円の店舗が450万円にもなった店舗は、

何も珍しいことではありません。


お客視点が変わり

独自戦略が確立され

戦わない経営ができあがる。



発想も運営システムも組織もすべて人間がやること!

いくらつらくても、反省する、行動する、決断する、

自分の行動パターンを変える

それができる人に、成績をあげられない理由など存在しません。



これは凄い挑戦です。

私も現場の顧問担当を任され、本格的に改革を主導する時には、

お店のみなさんと成績躍進のために、

自分の悪癖として存在する人格、品格、性格を変える

プロセスを真剣に語り合い、心のあり方までを現場と共有しあいます。



それは言葉では言い表せない、泥臭い人間相互の葛藤であり、涙もあります。

そんなことを繰り返す年月の中で結ばれていくものがあり、

そんな過程で自己革新に果敢に挑む価値観が芽生え

真面目な話を気楽にできる風土が生まれてきます。



みんな変わりたいのです。

でも「できるかなあの思い込み」で、諦めているだけです。

でも、ひとりではできないのかも知れません。

だから、一緒にいてお手伝いするだけでも安心することもあるそうです。


・・・するもしないも人様ざまですが、

みな過ぎてみると、その「人間力」の成すワザに感服したり・・・ですね。


私が過去に携わった「改造計画」で、

自分を変えて喜んでいる人に、成績をあげていない人はいません。


挫折した人も過去の苦しみに、あと少しだけ耐えていたならば…と、

悔やんだりしては、新たな目的意識をウンヌンしています。



だから私は堂々と「新台入替は心の入れ替え」と主張しているのです。

新台入替の時に自分を変えていくのです。

そんな時には私の人間改革ターゲットも同時に宣言します。



みなさんの改革のお陰で自分を高めることに便乗していく。

本当に有難いことですよね。

私は3年前(2004年1月23日)のあるお店の改革を担当したお陰で

タバコをやめました。今まで20~30回の禁煙宣言をしても3日坊主。

最近はある店の担当で「一生涯禁煙!」を会議の場で宣言しました。



この時にみんなも成績を変えるために、邪魔している自分の思考と行動のクセに
「サヨナラを宣言」をしました。


新台入替して、リニューアルして装いも新たに出発してもその時だけで、

線香花火なのはなぜでしょう。どうもここにもヒントがあるようです。



思慮深く、真剣な眼差しの社長・・・

思いがけなく出会えた熱心な主任との会話の中で

この店でも成績をあげる、

「1店舗に店長級3人の人間力」の可能性を垣間見た感じがしました。


人気ブログランキングへ





           
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-12 02:30 | 弱小ホールの悩み

<< メールやDMでは「心」というも... 私もすっかり常連になってしまったのか >>