もしもこんな釘師がいたら?   


もしもこんな釘師がいたら?
俺は釘師だ!といえば、今日からいきなり釘師では、かなわない


①自称、本人はプロを自認してはいるけど、職人的釘師の使命感はない。

②お客さまに良いものを提供する奉仕の精神が欠如して、
割数の辻褄合わせに奔走している。

③観察力と洞察力のいる商売なのに
冷静な判断ができずに気分感情に左右されている。

④成績の手柄は自分のアタマとウデのため、
成績低下は人のセイでいつも良い子になっている。

⑤あまり研究もせず、
向上心のない経験主義に満ちている。

⑥情報の収集に鈍感でありその意欲もない。

⑦基礎的データの意味もわからず、試しうちもなく、
なぜかヘソだけ釘師に追われている。

⑧ギャンブルに溺れて、自滅寸前の自分を調整できない人間が機械調整をしている。

⑨根気がなく、丹念さもなく、大雑把でダラシのない状態でアケシメをしている。

⑩ホール営業には関心がなく、ホールにも顔出さず、俺は釘で大変だと振舞う。



もしもこんな釘師がいたら?

釘の論理がわからない「既製品釘師」が煩雑していて、誰が本当の釘師なのか

石をなげれば釘師にあたるご時世だが、いわゆる自称釘師は・・・もういらない。


①あける時にあけないでシメル、しめる時にあけてしまう

②しめるときにシメナイで、あける時にシメテしまう

③稼働もないのに、へそ回転数一定にまだ、執着している

④生命釘を開けているから、つけば出ます式を強調する

⑤売り上げがあってもなくても、いつも同じ利益を捻出している

⑥稼働がなくて苦しいのに玉利の大手論にこだわる

⑦吹いてしまう、吹かなかったを、やたら口にする

⑧釘のピッチにはうるさいのに、釘の並びはめちゃめちゃなのを平然としている

⑨小さいへそが回りすぎで、大きいへそが回らないのにヘソだけで調整している

⑩もう釘の時代ではないといって、

作戦思考も麻痺しているベテランで惰性釘師が目につく



人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-16 22:18 | 釘の家庭教師

<< 「カバン持ちをさせてください。... えっ、餃子に特許?どんだけええっ >>