「カバン持ちをさせてください。給料はいりません。」・・・・・・・   



NH研究会    2007.11.5 月  関西地方

1.評価
(1)景品額の作戦展開が曜日戦略で応用されたのは凄いことだ

・日曜日の景品額を月曜日にも同額提供したこと。
以前と断じて違って先週の同じ曜日の比較の標準を合わすことで
実績分析の整合性を見出そうとすることが良い。

・日曜日に提供した景品額を翌日の月曜日にも同額を提供することで、
お客視点で競合店と差別化していく中での存在価値の主張が
明確に実行されたことは大変に望ましい。

・景品額落差における作戦の意義をお客の脳裏に鮮明に刷り込んだことにで、
リピータ心理を魅了させたことに多大な貢献であり、教訓としたい。


(2)月末に特別放出する作戦が集客の一層の強みをつくっている。

・前倒しで粗利獲得にいける時期判断を真剣に予測して、
すべての曜日でチャンスをクリアーしたことで、相手が閉める月末を逆手にとって、
お客の支持率を扇動したことは今後の集客をはかる上でプラスになれる要素となる。

・特に10月15日より展開した沖海景品額提供作戦は
ハイパー導入時期の流動的情勢からして、
沖海でカリブに対抗した命中率をより精巧なものへと、
接近させるキッカケとなったことは間違いないだろう。


数値的な裏付けはいっぱいあるが、すこし待ってほしい。
ただ、単独店290台で客数2000人の稼働で経費を達成してる。


*NH研究会
ある日、NHさんが事務所に突然にやって来て・・・・・・・・・・・・
「カバン持ちをさせてください。給料はいりません。」と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カバン持ちの話はよくある話であるが、給料はいらないとは、よほどの事で普通の覚悟ではない。根性あるなあ、それにしてもなぜ、そこまでして?いまどき?

店舗請負の釘師を長いことしていたが・・・・・・
このままで良いのかと、矛盾にぶつかって今後に何かの形をつくりたいと。
大変、良いことだと了承した。

長野の会社から話があったり、姫路のM氏がカバン持ちで、きたりで・・・
2~3ヶ月で根をはいてギブアップ~~~

今度ばかりは様相が違うようだ。
はじめての経験ではあるが、成績をあげている。しがみついている。
実績分析に徹底挑戦している姿がほのぼのしく感じる。

ただ、「自信んがありません」という時がある。
すべてが未経験のことだから、不安なのだろう。
NH氏のがんばりが私の今年の自慢でもある。


人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-17 15:11 | ないないづくし戦略

<< 18時27分に青森の下北半島か... もしもこんな釘師がいたら? >>