パーラ○○○はなぜ、崩壊したか  チェンー店舗   



パーラ○○○はなぜ、崩壊したか  チェンー店舗


1.看板、ネオン、屋号の変更で戦略は一新できたか

●戦略なきリニューアル効果は長くは続かない

店側            客側

店側の思惑とその後お客の期待とその後

イメージ転換       イメージダウン!

以前と気分が変わった気分だけ変わったが?

営業戦略はそのまま経営者が変わった?経営者が変わったようだがヤリカタは変わ                                っていない
集客のチャンスお客は3倍に増えたが?

3分の1に減った出玉?!出玉は3倍に増えたが3分の1に減った

コンサルに言われて、屋号を5回も変更して来たがイメージは変わらない。
イメージダウンを加速したといっても過言ではない。


2.新台入替ラッシュのツケは厳しい
戦略なき新台入替連続で割数高めて~取る~客いなくなる~入れ替えを単純に繰り返し。


3.交換玉数の試行錯誤がもたらす弊害に気づかず
●等価~50個~35個             最大の失敗!

4.海物語4列が稼動数を激減させているとは皮肉なものだ
●釘の角度が整っていない。ながれが一致しない


5.営業組織が有名無実で形だけ
●営業責任者の個人プレー
●責任者から店長への割数指示制
●営業制度が活性化されていない

6.競合の見栄が強く、店内の実利が優先されていない
●競合の1位になる前に自分(自店)の1位になれていない

7.計数観念が営業戦略と連携していない
●単なる割数管理とベースの関連づけ
●「何回まわっている」「何回まわすんだ」にこだわっている・・・・・・・重病!!!

8.放出作戦が既成断片的
●割数本位が出玉作戦の核を支配していることで弊害が満杯
●割数の極限放出といえども営業に最大効果はもたらさない
●割数の極限放出は1流でも放出戦略は3流以下

9.おカネの使い道の根本的違い



人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-21 17:00 | ないないづくし戦略

<< ■山形県ではいつも勝ち・・・大... 客さえつけば、よい釘というなら... >>