■山形県ではいつも勝ち・・・大阪ではいつも負け!パトラッシュにはドラマがある!   




■SANKYO:「CRパトラッシュ」(8個保留、ドット表示)

【 CRパトラッシュRED 】 赤
◇賞球数…3&10&13
◇確率…1/399.6
◇高確率…1/40.0
◇確変突入率…100%70回転まで
◇ラウンド…2Ror14R・8C
◇ラウンド振分(ヘソ入賞時)…2R出玉無:2R出玉有:14R=10:15:75
◇ラウンド振分(電チュー時)…2R出玉有:14R=25:75
◇平均TY…約5950個

■山形県ではいつも勝ち・・・大阪ではいつも負け!パトラッシュにはドラマがある!
6時の待ち合わせまで時間がある。
まず、J店へ見学だが、見知らぬ土地へ降ろされたのが1時頃。
台数300台、客数17人、
「な~んだ~パトラッシュがないよ~」車は5時半に迎えに来るからと引き返した。
「もうしょうがない。アイムジャグラーでもするか。
1万円はつかったが、かからない。
次はスロットのルパン三世でもするか、やっぱり勝てない。
もう2万円は投資したがまるっきりダメ」

断念して周辺の町並み見学ときたが、これといって何もない。
山形は寒い。パチンコで3万すって、
大当たりなしとくれば、空気が肌寒くてわびしく感じてくる。
近くの本屋さんに飛び込んだが、宗教と恋愛物語が多くて
探しているビジネス書が見当たらない。

なぜか、今日は納得のいく負け方ではない不条理な遊技が
ウップン晴らさずにはいられないモードの突入を誘惑している。

本屋を飛び出たが、もうその時は3時。時間がない。
どこかパチンコ屋はないのか?うっすら本屋の向こう側の
1キロほど先に、立て看板式のネオンが輝いてみえる。
もしかしたら、パチンコ店舗だ。タクシーもない。時間はない。急げといって、歩いた。

幸いにもパトラッシュが20台もある。
常連とプロらしき連中ばかりが誇らしげに打っている。
見知らぬ者が来たかのようにジロジロ見るなか、知らぬ顔して席に座った。
連中たちの間に挟まれながら窮屈な目に会うのが嫌で端っこに陣取ったのだ。

スタート数360、大当たり数4回で大分突っ込まないと出てきそうな感じがしない。18.000円を投じて当たりを引くが2回で終わり。まったく無情だ。
この機械は俺の気持ちをわかっていない。

もうこうなれば2箱すべて突っ込んでこなければあきらめよう。
2箱目の玉がカスカスになった途端にやっと当たりだ。あとは願うばかりだ。
それがレンチャンで5箱があっという間に積まれる。

時間は5時。お客さんとの待ち合わせ時間は6時。迎えの車が来るのが5時半・・・
それが止まらない、やめられないってやつだ。
その時だ。待ち合わせの相手からの電話が入った。

「すいません。7時になります。本当にすいません」というのだ。
すまないことはない。助かった!
打ち続けること2時間弱、75000円の換金で逆転勝ち!

パトラッシュの魅力は爆発力だ。吸い込みも激しいが出方には瞬発力がある。

パチキチの友人から電話があって
世間は忘年会で騒々しいので、いきなり酒飲もうか?と。
あまりに急なことで予定もつかず断ると、パチンコして帰るから教えろと催促される。

「そうだな。難波HIPSにいるんか。いま時期はパトラッシュを意識してあけているので、それでいったらどうか!でもカリブだけはやるなよ」と・・・


そのあとの電話によると、喜びに沸いていた。
7時から?12万円を儲けたというから凄い!
玉箱にして30っぱこは積まないとそうはなれない。
このように差玉のカタマリがある機械はドラマをつくりやすい。

弱小店舗だからこそ、
このような機械で特徴をつけると口コミが伝染して活気がやってくる。

人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-22 00:12 | 釘の家庭教師

<< 今年を振り返ってNO1・・・あ... パーラ○○○はなぜ、崩壊したか... >>