今年を振り返ってNO1・・・ある部長のパチンコ人間学・『人』 についてこれだけ奮闘し、悩み、   



今年を振り返って 
                    ある部長のパチンコ人間学

出身:静岡、
勤務:単独店
経験:20年?

■はじめに

今年も本当に色々ありました。
一言で言うなら、「厳しかったなぁ~。きりぬけたなぁ~。」と言う
のが本音かもしれません。

○○○の改装オープンに始まり、○○○店舗の改装オープン、その他の店舗へと・・・。もちろん入れ替えも激化・・・。
毎日何処かしらの店舗で入れ替えをしている状況でした。

その中での、機械の撤去。ユニット増設、名義変更などなどと・・・
スタッフたちには分かりづらいかもしれませんが、
これほど経費負担の大きい年はなかったように思います。

それでも何とか切り抜けた!本当に率直な感想かもしれません。
それでも、その中においても念頭の目標としても掲げ、
一番奮闘したのは 『人』 にあると思います。
『人』 についてこれだけ奮闘し、悩み、考え、歓喜し、
泣かされ、戦った年はなかったような気がします。
『人』に対する失敗も数多くし、『人』に対する成功も数多くした。
そんな年だったと思います。ですから、
今年を振り返るには、
この 『人』 との戦いの一年をまとめる以外にないとさえ感じています。

記憶がおぼろげな処もあり、去年の事だったり、順序が違ったり、
ごっちゃになったりする部分も多くなりそうですが、
それぞれの人に対する出来事から、この一年を振り返ろうと思います。

■顧問・・・やっぱりこの人なしでは語れない。
人との戦いを語る上で顧問の存在なしで語る事はできないでしょう! 
ある意味、顧問は人との戦い請負人。
知識やワザ、技術も確かにスゴイが、
それ以上に人と戦うスペシャリストと呼べるのではないでしょうか? 
実際に顧問をお願いした理由はここにありました。

今となればスタッフみんなもそれに気付いてくれていると思いますが・・・
目的はある意味ただ1つ! 人間改革。
その対象が私自身であり、幹部たちであり、スタッフであり・・・
そこから派生する事も含めれば
お客さえ改革の対象だとも言えるのかもしれません。

顧問の存在なしでは、私の人との戦いの歴史はなかったとも言えるでしょう。
今年一年も数多くのアドバイスをもらい助けられ、ともに戦い、ともに笑った気がします。時には顧問とも私が争い、泣かされた事もありました。
(結局1年に1回は顧問に泣かされている気がする・・・? ちなみに
私が顧問に泣かされた事件はここでは話しません。
忘年会で酔っ払ったら話すかもね?)

だから、この後に出てくる私と人との話も
全て顧問がどこかしらで絡んでいると思ってもらっても結構だと思います。
ともに戦った歴史の一年のような気がします。


人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-22 01:30 | ないないづくし戦略

<< 今年を振り返ってNO2・・・あ... ■山形県ではいつも勝ち・・・大... >>