今年を振り返って・・・ある部長のパチンコ人間学・ そんな男が今やナンバーワンの盛り上げ隊長に・・・   





■松前 ・・・やる気を表現させたらアスターナンバーワンだね。

松前もこの一年で大きく成長した1人だと思います。
アルバイトから社員へ。社員から今や班長へと・・・。
名前が変わった事はもちろんとして、人としても大きく成長しました。

笑わない、話さない、指示されるだけ・・・。
そんな男が今やナンバーワンの盛り上げ隊長に・・・。
この変化はすごい事だと思います。

人としての成長なしでは出来ない事だと思います
この成長を促したキッカケは色々とあるけど、特に印象的だったのが、今年前半の主任、班長のインフルエンザによる長期欠勤が重なった頃でした。

正直言ってこの時はさすがの私も不安で仕方ありませんでした。
1人終ればまた1人と仕事から離脱して行く者ばかり・・・。
長期的な慢性スタッフ不足・・・。この先どうなるのだろうという不安だらけ・・・。
でもそんな中で奮闘したのは松前でした。

この時の松前の気持ちはどうだったのかははっきりとは分かりませんが、
班長として1人のスタッフとして、自分がやらなきゃまわらない。イヤでもやるしかない。と言う環境が自然と自分に危機感を生み、それをやる気へと自然と変換できたのではないかと思います。ちがうかな?
とにかく、この出来事も松前のやる気につながったと言う事は真実だと思います。


残業と言えば逃げ出していた男が今や笑顔で残業。
しかも状況を自分で判断し、自らすすんでの残業。
やる気なしでは考えられない変化です。

でももったいない。松前はまだやれる。
能力はまだまだこんなものではないと信じています。
やる気で風邪さえ治した男です。やる気の大切さを誰よりも知る男です。

どんな事さえやる気で凌駕した男の底力はこんなものではないはずです。
もっと欲を持ったらどうだろう? 欲はやる気を生み出すひとつの大切なアイテムです。

単純な欲でいい。「もっと偉くなりたい」「主任に、店長になりたい」
「この人を超えてみたい」「もっと給料がほしい」「もっといい車に乗りたい」などと・・・。

それを松前なら自然とやる気に変換できるはずです。
それが出来た時こそ、
更なる飛躍が松前にあると言って過言ではないと信じています。


人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-22 02:17 | ないないづくし戦略

<< ●アケシメの手順とルールの理解... 今年を振り返って№3・・・ある... >>