機械購入にかけるエネルギーを除けば何もない   


とても素敵な会長ではあるが(2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この機械代が問題である。この辺の事情を中心に意見が交換された。
店舗にも何度も行ってみた。
リニューアルした競合にも足を運んだ。

要は新台入替が死んだ入替になっている。
ホールスタッフがくちゃくちゃガムを噛んでいる。
昔ながらの風景が名残惜しいほどに残っている。

会長がひとりでがんばっていたのだ。
釘は釘師を依頼していたがかんばしくない。

パチンコとスロットの機械には精通していた。
近来珍しく見かける経営者である。
メーカと機種名、機種特性と機械メーカの販売状況と意図まで知っていた。

機械にかけるエネルギーには、あきれるくらいの執着心を感じた。
何でどこもかしこも、こうなんだろう。



しかし私は聞けば聞くほど熱くもえるマグマを感じ取っていた。
あっ大丈夫や。どうにかなると直感した。

それは機械代を300万円減らして売上を維持するか、
今の機械代で売上を上げていく方法だが、
どちらにしても可能な感じがした。
売上100万の店を200万にするとか、
ないカネをつくって、生きた営業を再開させるといった類の
混乱きわまる極度の神経戦とは違う

営業戦略のハンドルの切り直しと
店舗の人間改革とシステムの活性化である。

よーし、わかった!会長!次回には提案書をもってまいります・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-24 00:41 | ないないづくし戦略

<< 機械購入費300万円を増やすか... 機械をいれない勇気と、いれない... >>