今度の研修には、実は隠されたテーマがあった!   


今度の研修には、実は隠されたテーマがあった!
ここをわかればもう、怖くはない!
「パーラ○○○はなぜ、崩壊したか」である。

これをいつも脳裏に霞めて、シッカリと体感し続けることは、
もう敗者にはならないコツを積んでいることになる。
何故ならば、その過程は間違いなく敗者から脱皮する時である。


今回の研修では、○○○の異変に思わず唖然として、
その瞬間にみんなが驚きと溜め息をはき、
言葉を詰らせた衝撃を決してわすれないであろう。

ここであなたが目撃したのは何か!
実はあの時、会社内部にはとんでもない、あることが起きていた!

しかし、
悲しいことに失敗の原因が隠蔽されていることを、いまだに誰も気づいてはいない。


体質を変えないままに、今日また富山湾に程近い、

膨大な広野に華やかな化粧をほどこし、華麗なドレスアップをした、
豪華燦爛な大型店舗を出店させた。「発想を変えずに!」である。

今までを続ける限り、営業は衰退して集客低下を招くだろう。

生きモノと言われる営業だから、
単なる「資金力の差」だけでは生きられないことは、
戦略に走った人間の自明の理にも拘わらず、
また循環経路を辿ろうとするのはなぜか。

「いつか来た道」を、行くのが一番無難だからだ。
過去、何時だって豊富な資金力を盾に展開しながら、
幾度も崩壊の岐路に立たされたのはなぜか。

まだ、そこに答えを見つけることもなく、
またもや仁義なき戦い、戦略なき戦いが始まろうとしている。
「割数合戦は割数合戦にして負けていく」という真理を目の前にしながらである。

これは最も恥じるべく、明らかな「自滅」である。
アタマよりも割数を高められるチカラ、
ウデよりも、設備の優位
ハートよりも権威の振る舞い
機械の大量導入で、出玉を出して・・・ばかりに注視する

富山の海原に巨大な戦艦の出航も、
やがては、エンジントラブルで沈没船になろうとは、誰が予測しようか。
しかし、日夜弱者の戦略に切磋琢磨する心ある人材のなかには、
赤裸々に問題解明に挑む優れモノ達がいる。

我々のレポートが実証見聞として、崩壊の経路が歴然と明かされ、
正当性が証明される時がまもなく来るであろう。
沈没するとは、誰しも考えたくはないが・・・・・

ここ数年、業界の厳しい折に、自分の姿を見失った経営陣は数知れない。
生死を覚悟した、必死な姿で挑戦する業界の人間模様が
切迫して見えないのはなぜだろうか。


5年前には危機感がいっぱいの戦場の指揮官が、
いまや、何とあきらめムードが充満していて
現場で姿も見かけないのはなんだろうか。

人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-24 22:54 | 弱小ホールの悩み

<< ちいさくても「彼らには負けてい... 崩壊と名づけた訳がある・・・・・ >>