イベント 順路(1):ご主人さまおかえりなさいませ!   



ちいさいお店の店長のイベント企画  
「順路」:「ご主人さまおかえりなさいませ!」の発展版企画


稼働の落ち込みの頃、会議は盛り上がっていた。店長の第一段企画を簡単にご紹介しよう。
ホール内に「順路」を決めて、お客様を自然に誘導する。
その方法:ささやき、矢印のポップで順路説明、マイク放送、チラシ、はがき(勿論てがき)など
甘でじコースから単価の高いコースへの誘導作戦が功をなして稼働がジわっとアップして行く。
なにより、「ご主人さま、おかえりなさいませ!」の女性スタッフのやさしい声でお客様はときめき
、一風かわったイベントに口コミが波及した。

その第2段とあって、参加者はみなあつい。

ひとはみな真似して失敗してわかる。真似では成功しないとわかっていても・・・

ここではひと真似はしない。無駄であることをわかっているから

自分たちの一流をつくろうって、

とにかく、かわったイベントに日夜、励んでいる。

今後がたのしみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○基本的な順路(3コースから2コース)は変わらず。
○新台も主に2コースに入ることになるので「順路」は変わらない。
今必要なこと・・・甘デジと羽根物が毎日オススメだということを皆に知らせる必要がある。
今3コースがオススメということで宣伝しているが客には期間限定のように思われている。

今回の夜編の趣旨については以前企画の通りです。

・夜の客数が多い
・仕事帰りの客が多い        昼の客数を伸ばすより簡単。夜が伸びれば昼も延びる。
・平日の夜の客数を伸ばしたい

パチンコの客数を伸ばさないといけない。
・スロットが5号機になれば今より粗利が取れなくなる。
・お小遣いの少ないサラリーマンでも遊びやすいようにしないといけない。

仕事帰りに寄りたくなるようにしないといけない。
・笑顔で迎えてくれる
・勝ち負けにこだわらなくても楽しめないといけない。
・とにかく長時間遊んでもらえるように。

以上のような条件から
・他店と同じようなイベントでは宣伝にはならない。
・今までのやり方では客数は増えない。
・スタッフ一人一人の「来てもらいたい」という気持ちが必要。

次回につづく、「順路」夜編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

***************「順路」夜編****************
今行っている順路はまだ練習段階です。
「おかえりなさいませ」を言うことに先ず慣れてもらいます。
そこから発展させていき、真の「順路」夜編を完成させます。



人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-25 16:07 | ないないづくし戦略

<< これからのパチンコやには、アロ... ● 私は悲しい・・・。 >>