営業にはふりまわされないルールが必要だ!   


ふりまわされないルールが必要だ!

今日は時間をかけてパチンコめぐりだ。
正月だというのにかっての賑わいはない。
1日よりも2日、2日よりも3日の稼動は良い感じがした。

久し振りに28連をした。
普段なら別積みの対象なのに、何も言ってこない。
忙しくてそんなことにかまけていれないのであろう。
別積みがおろそかになっても、ランプが先、箱を届けるのが先ではあるが・・・

この店の得意技としてはその本分を発揮しきれないでいる。
別積みで床の平面に横並びで、並べていくのを特徴としているからだ。
本分をまっとうしきれないのはルールがあるようでないからか。
暇になるとあくせく、箱積みをして,
忙しくなると体感割数はそっちのけだ。

暇になったら、接客を強調して、
忙しくなると接客は次ぎに追いやる。
稼動の安定するコツは忙しい時に
心のおもてなしを、プレゼントしている。


高島屋がそうだ。
おい~高島屋といっしょにしないでくれ~~~と(わかる、でも言いたいのは・・・)

立ち飲み屋にもルールがあるのに・・・
立ち飲み屋は逆にルールがないようでしっかりとルール化されている。
パチンコ屋は多分、立ち飲み屋に負けているのかも知れない。


去年の暮れにお邪魔した立ち飲み屋のルールは次の通り。

「赤垣屋の立ち呑み心得六ヶ条」

1.携帯電話は他のお客様の迷惑にならないようにすること。
2.一旦、席を離れる時は(お手洗いでも!)清算または代金をおいてから。
3.自分だけのひとときに酔いしれること。
4.むやみに他のお客に話かけないこと。
5.従業員の笑顔が素敵だからといって、勝手に写真を撮らないこと。
6.いやなことはわすれても自分の荷物はわすれないこと。

私は立ち飲み屋が点在するこんな町並みが好きだ。
庶民の風景が散々している町は、いつでも我に戻ることができるからだ。
また、今度は自分だけの新年会にこじつけて、寄って見ることにした。

今年もポチ↓よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-03 23:38 | ないないづくし戦略

<< わたしにとっての正月気分は、こ... この青年のように清らかで美しい... >>