曜日の特定機種稼働のバランスを見間違え無いように景品額の提供と・・・おもてなしで心の割数アップを!   

NH研究会  弱小店舗、コンサル1年、カバンモチ1年生

☆1月3日 木曜日実績分析

*目的
正月も中盤に入りも残り4日間が勝負だ!
初日、2日と稼働数の上昇が目標を大きく上回り、
粗利額も目標以上確保出来ている事からこの勢いを中盤から
終盤へと繋いで行き、お客支持から稼働数も増え、
その中には帰省中のお客さまも来店していただいてると思えるが、

まず現場で何をすべきかと考え、
常におもてなしの心を持ち接客できるよう努力し、
その帰省中のお客様の会話の中で
「○○○にこんないい感じの店が出来たのか・・・」と
思わせるよう現場力を生かし口コミが発生する仕組みを築きあげたい。


:正月差別化の一環としてイベント< アクエリオン創世の日!>を開催する。
この正月期間、目標粗利確保が第一の目標であるが、
その中で自店がお客様本位の視点で物事を考え、信頼を得るためには、
景品額を提供することでもある。


しかし何の工夫もなくただ、放出するだけのイベントではなく、
曜日の特定機種稼働のバランスを見間違え無いように、

機種別、コーナー別にメリハリを付けながら
活気あるホール演出を築きあげ、
お客様の自店のイベントに対する
期待感割数,期待感割数、演出パフォーマンスを用いて体感割数、
又心のケアーを大切にするため、

さりげないおもてなし心と笑顔を忘れず、お客様の心の割数UPに貢献したい。


次号につづく  (1月4日実績分析を、おたのしみに!) 


弱小店舗繁栄のコツを行くで↓ポチッと!
再生の原動力は人間力で↓ポチッと!

人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-06 11:46 | 弱小ホールの悩み

<< しかし、この景品額提供が戦略に... ではどの様な展開から44809... >>