カバンモチ1年生の活躍:(47450発 )売上は最高記録を達成   


NH研究会  (カバンモチ1年生の活躍)  弱小店舗からの再生、単独店舗、300台

☆1月4日 木曜日実績分析

*目的
昨日同様イベントコーナーで目標景品額を提供し、競合店との差別化を図り演出面に力を入れながら盛り上げていき、機種稼働数のバランスを見ながら

景品額:4日金曜日の数値実績と達成率、組織展開における成功点と失敗点。 
       
       *この日稼働実績47359発,昨年以来12月27日に次ぐ

       
      項目昨日2日火曜本日3日木曜3日木曜の目標記録である
       (47450発 )売上は最高記録を達成

稼働数45,47896.03%47,359104.14%43,000110.14%
       
       
       景品額においては時期的な要素もあり、粗利確保の

       展開から目標達成率87.8%で着地する。

売上10,379,20091.86%11,298,800108.86%11,210,000100.79% 
景品額11,759,000107.31%10,958,00093.19%12,474,00087.85% 
       
       この展開の中での数値の意味を見る。

粗利1,859,00055.64%3,341,000179.72%2,300,000145.26%
客負担1,03557.89%1,788172.75%1,354132.05%

(次号につづく)

弱小店舗繁栄のコツを行くで↓ポチッと!
再生の原動力は人間力で↓ポチッと!

人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-06 22:44 | 弱小ホールの悩み

<< 粗利額過剰確保から不信感を持た... しかし、この景品額提供が戦略に... >>