善良なパチンコフアンを手玉に寄生虫がうろついている・・・   

先だって、待ち合わせにちょっとパチンコをした。

「三共のものだけど、この機械がどのようについているのか見に来たんだけど・・・」と、
近づいて来る者がいた。突然にも意外な展開が待っていた。

「あの三共の・・・この機械の三共の?」

「そうです。幸田来美とかの…」
「あまり、おおぴらに言ってもらっても困るんだけどね・・・」
「レンチャンかけておくかなあ・・・」と言ってナレナレしく、
チャンスボタンに手馴れた格好でチョンチョンと叩いて、
左下の三角ランプを指しながら、
「10レンチャンさせておこうかな」

どうすればレンチャンするかを突っ込んで問いただすと、
曖昧な返事で漠然としている。
これはおかしい、例の詐欺師軍団が進入しているのか?

しばらく無視していると、こちらを睨みつけるようにして、
向こう側の島に移って行った。

一瞬のお客のスキを狙って近づいてくる。
何箱か積んでいるお客がターゲット。
お手伝い料を巻き上げる。

やわらかな口調で囁くように…
おばちゃんだったら、騙されていたはずだ。

善良なパチンコフアンを手玉に寄生虫がうろついている。

やっとの思いで出したというのに・・・
巻き上げられては、とても遣り切れないハズだ。

最近ではユニットの残高カードをチェックをする店をちょこちょこと見かける。
その都度に注意を促すことは大変結構なことであるが。
・・・が、出玉が突然に消えてしまうのはどうしたことか。

トイレも携帯もおちおちできない、物騒なホールに
仮面をかぶっては出現する寄生虫に効く殺虫剤はあるのだろうか。

ホールを観察していると、不慣れなスタッフと
偉そうに踏ん張っている上司と部下の構図が目立つ。

どうも、これは内部態勢の歪みにあるようだ・・・

善良なパチンコフアンを手玉に取る者にカツ!ポチっと↓
独自化で真似のできない、弱者特有を発揮しよう!・・・ポチっと↓

だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-09 01:03 | ないないづくし戦略

<< ちいさな店舗が爆発するには、単... 弱小店舗の悩みが噴出する時代だ... >>