玉利というけれど、玉利の計算方法は?わかりません!こういうのが店長になっているんですよ   


ある大手の店長のうっぷん

撤去台ですけど・・・
例えば、平均稼動推移20.000で、
撤去台のアウトが9.000の場合。
台粗利平均1.000~2.000円を抜いている実績の機械でも
その機械を撤去していいのか?よ~く相談にきました。
玉利じゃないんだ。台粗利なんだと何度言い聞かせても、玉利という。

「おまえ、玉利、玉利というけれど、玉利の計算方法わかるか!」
「わかりません!」こんなの何人もいてますよ。
こんな話・・・怖い話でしょう。こういうのが店長になっているんですよ。

そこには何も戦略なんかないんですよ。ただ、アタマには新台だけ・・・
玉利はアウトで変わるから!台は変わらないから!
平均4.000から5.000の稼動で玉利なんて参考になります?!


ちいさくても、家族的な議論と切磋琢磨すれば↓ポチッと!
大手の平和ボケ、数値ボケにはつきあえない↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
次号へ!

[PR]

by pyuaraito | 2008-01-12 02:45 | ないないづくし戦略

<<  もう、見せかけの再建はやめよ... 名前が大手であって、ボケ人間を... >>