人間力は企画力なんだから、クセつくまでやれば成績はあがる。大手の幹部?大半はやってないって!   





■計画の背景:なぜ、この計画をしなければならないのか

■計画の名称:ひとことで言えばなんの計画なのか

■計画の前提:前提条件・制約条件・重大な障害を明確化しておく

■現状の分析:今どうなっているか現在の状況を描く

■あるべき姿:最後にどうなっていればよいかを考える

■計画の目的:何を狙いとしているのか

■計画の目標:それはどの程度の状況で達成するのか

■計画の課題:目標達成するために解決しなければならない課題はなにか

■計画の内容と方法:どうしたら達成できるのか、その内容と方法はなにか

■準備するものと担当者分担  準備事項、担当者
  いつ、だれが、なにを、どこまで、どうするか?

■予算  項目、予算、備考

■作業日程  月日、曜日、作業内容

■計画の詳細(個別企画の詳細化のページ)



え~ほんとですか・・・わたしの行くとこでは,
みんな喜んでやってます。いや快感でやってます。
本当ですか?本当です!
でもでもでも~~~最初はいやいやながらやっていました。
でもでもでも~~~今は感謝されています。

だって、やると変化がハッキリと見えてきますから!
本当ですか?本当です!
列車に機関車を取り付けたので馬力が違ってきます。
うまくなくても、いいんです。とりあえず、始めることです。
大手?やってません。いや、やってない幹部が多いです。
コンサルマカセですから!
コンサルマカセはいつか、つまづきますよ。
なぜ?コンサルは活用するもので、任せるものではではありません。

これからの弱小店舗が抜きん出るコツは、
負けない企画書をつくることから始まるといってもおかしくはない!



コンサルまかせをやめて、自分の企画書をつくろう↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-17 23:10 | ないないづくし戦略

<< 成功の条件は勉強好き、素直、プ... ■“なぜ○月の営業成績が悪かっ... >>