常連客にスタッフたち。これたちの方が今の私には大きな財産でありますし、自信の源でもあります。   


今日から、コウチャンのレポートを連載でご紹介します。
簡単にコウチャンのプロフイルから見ていきましょう。
生年月日は?年ですが、40代。
子供3人、家族思い。
自分との戦いに燃える人間。
釘調整は天下一品!特に独自の調整にたけている。
性格は温厚。笑顔が憎めないのが玉にキズで脱線がちな時もある。
しかし、洞察力はひと2倍。
特に「おばちゃん客のふれあい」のエキスパート。
ある時から人間観察に関心をもち始めて今日に至る。
でも、意地っ張りで、へんコツは負けない。
でもそれは自分らしさをもっている、確かな証拠である。
店舗は単独店舗で競合2位の稼動順位を維持。
コウチャンのレポートの端はしには、
弱小店舗を繁栄に導く、人間力のりっぱなコツが存在している。
まあ、この位にしておこう。
このレポートは人を導く使命、役割などをつづっている幹部図書とでもいおうか。
素敵な本である。その本の感想にウソつかない真摯なコウチャンのレポートは著者にも決して劣ることのない名作であると信じている。


● 人を導く ●
江口 克彦 著パーラー○○○

■第一章 自主性を引き出す
□私が指示した通りに仕事をするなら、君は要らない。
・一週間でこの表を作れと指示されて、一週間で作っていてはダメ!
・一週間と指示されたら三日で作るぐらいでないと・・・。
・上司から100指示されたら120返すことを心がける。
・それが上司の心を動かす、そうすることで仕事が面白くなり、自主性が生まれる。


●感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いきなり厳しく、心を打つ項目から入られた気分だった。
正に顧問からの課題もこうすべきなのだろうなぁと考えさせられてしまった。
言われた課題をこなしているだけではダメなんですね。
期限も早く、内容もプラスして提出してこそ本物なのだと痛感しました。
でも、思いとは裏腹に出来ない現実と出来ない弱い自分がここにいるのが現状です。
まだまだ修行が足らないようです。


□人は誰でも、一度は驚くようないい仕事をする。
その一度の成功にうぬぼれてはいけない。
・誰でも一度は輝く瞬間がある。その時にこそ落とし穴がある。
たった一度の成功にうぬぼれてしまうのだ。
自信過剰から日々の努力を怠るようになる。
・たとえ小さな成功でいいから、継続して実績を残してこそ本物。
・自分の評価の低さを嘆く暇があるなら、もっと自分を磨くことに目を向けることだ。
・部下が大きな成功をして有頂天になっていたら、さりげなく、この言葉をかけてやるべきだ


●感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続けて、厳しい事を突きつけてくる本ですね。
しかし、一瞬の大成功より、継続。
正にその通りだと思います。それはこの○○○での6年間で痛感したことでもあります。今まで○○○でも大きな成功は何度かあり、嬉しい思いもしましたが、それよりも6年間、地道にコツコツと上げてきている稼働と売上。そして定連客にスタッフたち。
これたちの方が今の私には大きな財産でありますし、自信の源でもあります。


次号へつづく!

まだまだ、修行が足りない自分をぼやくコウチャンに!↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-18 20:59 | ないないづくし戦略

<< 現在の熱意は温度が低い気がしま... あなたは、どん底を見たことあり... >>