ただ、自分は部下から出会ったことで運が悪かったと言われるような上司にだけはならないようにしたい。   



弱小店舗で成績躍進中のこうちゃんのレーポート

■第三章 部下を導く上司の心得

□上司が方針を明確に提示しなければ、部下は何をして良いのか分からなくなる。

部下がやる気を出さないのは、その部下のせいではなく、
やる気を出すように仕向けない上司の責任である。
上司がまずやるべきことは、方針を明確に提示することだ。
方針を提示するのは上司として当然のことであるが、
曖昧な方針では部下は働く事が出来ない。
指示はより明確に具体的でなければならない。



●感想・・・・・・・・・・私も確かに部下のやる気を起こすのも、
なくすのも上司の責任だと思う。
実際に経験上でもたくさんのやる気を失わすような上司がいたし、
やる気を失わす一言なんてのもあった気がする。
でも、全てが上司の責任というのは、ちょっと言いすぎな気がする。
自分も酷い上司に出会って、やる気を失いそうになった場面もあったが、
自分の力で奮起し、挑戦した経験もある。
その辺は、どんな上司に巡り合うかという運みたいなものも存在するが、
全てを運や上司のせいにするのも、どうかとは考える。
ただ、自分は部下から出会ったことで運が悪かったと言われるような
上司にだけはならないようにしたい。
やる気のサポーター的な存在になりたいと思う。
でも、実際にこれに着手していると出てくる問題が
部下のやる気の温度差の問題がある。
元々、温度が高い部下もいれば、凍えそうなくらい低い部下もいる。
上司のちょっとしたサポートで、直ぐに温度の上がる部下もいれば、
なかなか上がってこない部下もいる。
いや。上がらないどころか、自分で自分の温度を勝手に
下げて上げても下げるということを繰り返す部下さえいるのが現実だ。
正直サジを投げたくなるような部下だっている。
こんな部下にまで最後まで喰らい付く必要はあるのだろうか?
と考える時もある。
他の温度の上がってきた部下を巻き込んで
温度を下げるような最悪の場合だってある。
それさえも上司の責任なのだろうか?
組織全体を考えた時には、こんな場合は残念ながら
切り捨てる非情さも大切な気がする。
その辺の境界線みたいなものがはっきりとは分からないが、
見極める必要もあると思います。
でもただひとつ言えるのは、最初から判断しないこと、
直ぐに諦めないこと、やる気を上げる存在であること、
出会って良かったと言われる存在であることと思っています。



□常に部下にものを尋ねていく、それが部下のやる気を引き出すコツである。
上司は部下に話しかけるというだけでなく、
ものを尋ねていくことを心がけなければいけない。
分からないことはもちろんのこと、分かっていることでも尋ねていく。
また、確認の意味も含めてものを尋ねていく。
それが部下の仕事への意識を高めていくことになるのである。
少なくとも上司は、自分は何でも知っている。
自分の方が部下より正しいのだ。
そんな勘違いはするべきではない。


●感想・・・・・・・・・・なるほど。これは個人面談で直ぐに使える方法だと思った。
今でも何となくだが、こんな風なやり方を自然としていると思うが、
ここまでしっかりと理由づけた形や後の効果を考えてやっていなかった。
こう尋ねることで、こうなる。そして、こんな効果を引き出すと考えていなかった。
これを考えて個人面談した時に、よりいっそう面談の効果が出てきそうである。
さっそく使ってみたいと思う。


ところで、本当にいいヤツだと思っている。弱小店舗を開拓していく存在なんです。
だって、そうかないかは、ここ1~2年で判定のつくとこだとは、誰しも知っていること。コウチャンが本物かどうかも、みんなんの判定もつくとこですね。

次号へつづく!

!ただ、自分は部下から出会ったことで運が悪かったと言われるような上司にだけはならないようにしたい。↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-20 09:21 | 弱小ホールの悩み

<< 「一生懸命にやれば、やるほど部... かじクンの奮闘記   「ぼく... >>