面談を仕切りなしに、仕事のプログラム化している人間力が弱小店舗を救っている。   


弱小店舗で活躍のこうちゃんのレポート

□部下は上司にとって自分を映す鏡である。
そのことを上司は肝に銘じておかなくてはならない。
部下は上司の影響を受けることを、常に意識しておかなければならない。
部下の欠点ばかり言う前に、
上司は同じ事を自分自身に問いかけてみるべきだ。
跡を継ぐということは、具体的な仕事を継ぐことではない。
上司という人間の存在を継承していくことである。
上司の喜びとは、自分自身が評価されることではない。
自分の部下が評価された時にこそ、上司としての真の喜びがあるのだ。
●感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正にこの項目は痛感する項目だ。
普段はなかなか自分では分からないものだが、
確かに部下は大きく上司の影響を受ける事が多い。
長所の部分では分かりずらいが、
特に短所の場合は如実にその傾向は現れている気がする。


部下にあれこれと個人面談などで、
短所を指摘している時など
「あれ?コレってそのまま自分が自分に対して気をつけろよ!と
言っている事じゃないかな?」と錯覚する時がある。
正に上司の欠点は部下の欠点になってしまうのである。

ならば、部下に注意するのと同時に、
いや、それ以前に自分から注意しなければならないのは当然の事である。
今一度、この事は肝に銘じなければならない。
それと、最後の上司の喜びとは・・・。の所は本当に良く分かる。
いつからだろうか?特に最近だろう。
自分の事を褒められるのは当然嬉しいのだが、
部下が褒められると自分の事以上に嬉しく思うのを感じる。
それが例え「あいつ、最近本当にがんばっているなぁ」ぐらいの些細な事でも、
ものすごく嬉しく思う。部下が褒められるイコール自分が褒められているから。
と言う感情はないのだが、とにかく嬉しいものだ。
だからこそ、もっともっと部下が褒められ、
認めてもらえるようになるように、
鏡となる私がもっとしっかりとしなければならないと言う事だろう。
そうする事で映る部下が褒められ、私自身のより大きな喜びになるのだから・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・こうちゃんの人間観察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この感想のなかで
「あれ?コレってそのまま自分が自分に対して気をつけろよ!と
言っている事じゃないかな?」と錯覚する時がある・・・・
と言う部分がある。
こうちゃんのように、部下の欠点を見て
自分の問題に錯覚できる人間は、
基本的に自分にも厳しい人間に多いような気がする。
少なくても私が関わっている弱小店舗の幹部たちで
成績をあげている人間はこのタイプが多い。

そこには明確な成功の理由が存在している。
弱小店舗は割数も機械も限界があり、
縮小されっぱなしで営業的には
壊れかけているものの、修復に追われている。
こんなときに無尽蔵な力を発揮するのがスタッフである。
スタッフが現場である。現場が成績を変えていくことを、
如何に普段のシステムの中でスタッフを沸かしていくのか、
弱小店舗の抜け道はここにある。
大手のパチンコ店舗にはなかなかできない。
やっているけど、弱小店舗のように、
地べたを這っても立ち上がるどん底のドラマをあまり見かけない。

こうちゃんのように、面談を仕切りなしに、
仕事のプログラム化している人間力が弱小店舗を救っている。


次号へつづく!

面談をプログラム化すると本当に変わりますよ↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-24 11:37 | 弱小ホールの悩み

<< 弱小店舗の放出しかけのヒント:... この店の運命ー自分の力<逆転の... >>