弱者の放出作戦ヒント:時には肩透かしを食わせることも作戦の内である   



弱者の放出作戦で時には肩透かしを食わせることも作戦の内である



そんな時、放出の作戦のレールを変えてみることである。
しかし、レールを替えても行き先を替えてはならない。
レールを変えるということは、
特急、急行、快速などスピードを変えることである。
また、車内乗務員のサービスに変化をつけて見てもおもしろい。




同じ事を言われても、妻から言われると腹を立てるのに、
子に言われると苦笑で済むのはレールが違うからである。



いつも同じレールにのっているからこそ、
衝突が起きるのである。

放出の次元を変えて玉先に
変化をつけることである。


同じ分量の出玉でも
変化球とか色とりどりのカラーボールとかが、
飛んできて出玉を楽しませてくれるような作戦がなければ、
弱小店舗では単なる直球の単調なもので終わってしまう。




お客は「負けるのはあっという間だけど、
勝つのはなかなか大変なこと」を、骨身をもって体験している。



そんなお客に大量出玉と大量新台で、何の芸もなく集客している大手と
区別をしていくには放出の芸が独自化を促進して行く手立てとなる。


釘と放出の仕掛けが独自化できるパターンをつくろう。


出玉の芸とは?放出の仕掛けとは?↓ポチッと!
やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-29 00:31 | 釘の家庭教師

<< 秘訣は視覚で見る割数よりも脳内... 幹部の自信は自分で克服した経験... >>