秘訣は視覚で見る割数よりも脳内割数とか心臓で感じ取る割数が結構高いとこにあること!   


弱小店舗:こうちゃんのレポート〔こんな幹部は辞表を書け〕

第2章方法発見能力 「できない理由」を前向きに考える

こんな幹部は会社にいらない
人なし金なしで、
どれだけの勝負ができるか、どれだけの手が打てるか。

その為に、幹部の月給が支払われている。
「できない」「ムリだ」「難しい」と言った
言葉の大好きな幹部は、会社にはいらない。



感想・・・・・
もちろんいつもこの精神で望まなければならないのだが、
今年に関しては更にこの精神を
肝に命じて取り組んでいかなければならない年だと思う。

今年の弱小店舗にとって、
九死一生を賭ける1年であるからだ。

大手有利としか言えないような戦略(・・・が蔓延するなか・・・)
(別ジャンルにアンテナを!!)
正に生き残りをかけた激動の1年になるからだ。

きっと身近な他店でも
閉店に追い込まれるような店舗も出てくるであろう!


こんな時に「できない」「ムリだ」と言っていたのでは話にならない。

人なし金なしでどこまでやれるか?

全てに生き残りがかかっていると言って過言ではないだろう。


今年1年は特に肝に命じて取り組まなければならない。



・・・・・こうちゃんの人間解析・・・・・

こうちゃんの店舗では「できない、ムリだ」を禁句にしてひさしい。
ここには、禁句貯金箱がある。できない、ムリだといえば罰金なのだ。

ミーテイングの掛け声は「マエムキ!」「ヤル気」を大声で張りあげる。
そのリーダーシップをとっている。

だから、カネナシでどこまで、できるかに挑戦して
人間力ですべてを築いてきた。

こうちゃんのお店は泥臭い手づくりの生の臭いがする。
放出作戦も、イベントも、接客も・・・
お客づくりの根底には心の割数がある。

いつも体感割数に心の割数を加算しているから、
視覚で見る割数よりも、
脳内とか心臓で感じ取る割数が結構高いとこにある。

その意義は大きい。
それが稼動と粗利のバランスに跳ね返ってくる、
費用対効果でもある




脳内割数とか心を溶かす割数を考えよう↓ポチッと!
やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-30 00:13 | ないないづくし戦略

<< 弱小店舗の放出しかけのヒント:... 弱者の放出作戦ヒント:時には肩... >>