弱小店舗の出玉放出しかけのヒント:作戦では下手に「カッコウ」をつけないほうがうまくいく!   


弱小店舗の放出しかけのヒント


作戦では下手に「カッコウ」をつけるな

作戦の「形式主義」は放出作戦運営では
広く害を及ぼす結果となる。

遊技場の幹部達の中には
自分の存在を誇示するために、
とかく「かっこう」を
つけたがる人をよく見かける。

稼動もないのに、
肩で風切ってホールを
小林 旭風に足の角度をぷらぷらと、
形を決めて歩く人間がいる。
部下も真似して決まったように歩く。

もちろん、これはバラバラでよいということはなく、
形が固定してしまってはいけないということである。

昔ならまだしも、いまだにこんな影像を見かける。
水のないところで、
アップアップしているようなもので、
見にくい…

それが一種の放出作戦の形式主義にも
反映されているから、不思議な現象だ。

放出作戦にも、ひとつの形にはまり切った
見にくい出し方もあれば、
軽快なリズムに乗っているかのように、
自由自在にお客を舞台に愉快に乗せている、
ちっちゃな店もある。えらい!あっぱれだ!

実はそんな店舗には、ちゃんとしたルールがあり、
弱小店舗の放出の道理が整然としてみなぎっている。



●出玉放出の道理がみなぎるように・・・↓ポチッと!
●やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-01 00:25 | 釘の家庭教師

<< 失格(予選落ち)~合格(予選通... 人間力の絆で結ばれている関係が... >>