弱小放出のヒント:水のナガレのように強固な芯をもった軟構造こそ、激しい変化の中を即応できる   




放出作戦の変化に対応するには軟構造でいくべきだ

●理想的な作戦態勢は、水に似ている。
水が高いところをよけて、
低いところへ流れていくように、
放出はお客の稼働の強いところと
よわいところのすき間をつくのがよい。


●また水が地形にそって流れていくように、
お客の稼働の力の反動にのって、
作戦をおさめていくのがよい。
だから作戦は固定すべきでない。
水に一定の形がないように…
逆に水カメによって、形を変える
柔軟なルールがなければ、
変化を見落とすことになる。

老子のいう「上善は水のごとし」である。



●水には自分の形はない。
器しだいで、どのようにも形を変える。
しかも、水は岩を砕き、地を押し流す力を持っている。

強固な芯をもった軟構造こそ、激しい変化の中を
生きていくための条件なのである。


////// //////// ///////////


あなたの店舗には放出の何構造でルール化されていますか?
弱小店舗にはこれが武器となる。

形があってないように、
形がないようであるように

競合はこれを凄く嫌うからだ!
競合の嫌がるとこで戦うのが
弱小店舗の切れワザともいえる放出視点である。


●弱小店舗のヒントはいつも軟構造で・・・↓ポチッと!
●やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-01 23:57 | 釘の家庭教師

<< 費用対効果は「人間力対、成績効... 失格(予選落ち)~合格(予選通... >>