よわい店では稼働の利点がいつも不利になる恐れがあることを前提に作戦すべきである   



よわい店では稼働の利点が
いつも不利になる恐れがあることを前提に作戦すべきである

○よわい店では稼働の有利性と危険性は紙一重である。

○そうした方が有利だというので
全力あげて放出資金を投入したのに、
不測の事態に備えられないことができてくる。



○強くて大きい店は
小さくてよわい店に比べて、多くの点で有利である。
だが、それに安価な満足をしていると、
仮に大手であっても、
活性を失い、変化に対応できなくなってしまう。

健康者は病弱者に比べて恵まれている。
だがそれでいい気になって
健康管理をおろそかにしていると、
思わぬ障害にとりつかれるかも知れない。

○利点がいつまでも利点で
ありつづけると思ってはならないのだ。

利も不利も紙一重、やり方によって
どちらにも転化する可能性を秘めている。



●不利になる恐れがあることを前提に作戦を・・・↓ポチッと!
●やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-03 22:52 | 釘の家庭教師

<< 「すいません!」のひと言があれ... 弱小店舗の人間力とかけて何と解... >>