名古屋人の見た大阪ミナミの店舗感覚・店長は大阪ミナミのパチンコ店の独特な共通性だけに興味が・・・   



//////////// 名古屋人の見た大阪ミナミの店舗感覚 /////////////


・・・・・店長は、大阪ミナミのパチンコ店の独特な共通性に興味が沸いた!・・・・・

■とにかく目立て?アピール性が強い
   □必ず看板を設置
   □看板の数が異常に多い
              □看板の道へのはみ出し
□看板にフィギュア
□店内ポップが異常に多い
□思った事は全て表示、案内 例 北斗大事にします。
□店内電飾が多い
□天井からの吊るし物
□飾りつけで空いてる壁なし
□スロットにパトライト
□ドル箱が細長い。でも2000箱。
□ドル箱の積み方ナナメに
タワー型
台車を下に、空き箱を下に
平面型
ピラミッド型
通路にはみ出す
通路のど真ん中に
□独自の制服
オーバーオール、デパート調、カブキ調
□店内置物、フィギュア
□外観の派手さ、ネオンの派手さ。



■狭い土地、狭い空間の有効利用
□狭い店内
□低い天井
□シマが整然と並んでいない
□カベ側にもシマ。T字型。
□2F,3F,地下と縦型店舗が多い
□シマが低い。イスが低い。

■スタッフ
□女の子が多い
□女の子がかわいい、きれい。
□入店時の「いらっしゃいませ」と案内。
□退店時のお辞儀、ドア開け。
□基本的にスタッフが多い。1シマ1人以上。
□とにかく巡回。立ち止まらない。
□巡回中のふれあいには店舗差があり。
□最低スタッフ=○○○店のCスタッフ
□最高スタッフ=京一の2Fの背の低い女の子
  

■その他
□独自性を出そう必死なのが分かる。
□独自性が独自性になっていない?
                やはり共通した何かを感じる

□とにかく休憩イスが多い。スペースあればイスあり。
□休憩イスに座っている人の多さ
□ペアシートの遊技台が多い(違う機種での組み合わせ)
□ペアシートの稼働が悪い
□ペアシートで唯一稼働が良かったのは
                四海楼の小さな店(法善寺、40%)

□マイク放送がない。
               イベント案内もほとんどない。グランデだけ?



 寸評
短時間の中でのあれだけの店舗数を回った限界なのだろうか?
       正直言ってあまり、店舗別の違いと言うものは、
       はっきりとした形では見えて来なかった。

       どうしても表面上の違いと共通点だけが
       目に飛び込んできた。
       そして表面上の違いも表面だけが違うだけで、
       狙っている所は共通性を感じた。

でも、この共通性が独特。
       大阪ならではとでも言うべきなのだろうか?
       とにかくインパクトがあった。


       詳細は上記に書いたつもりだが、
       一言で言うならば
「何でもアリ!」とでも言うべきだろうか・・・?

しかし、あれだけの店舗にあれだけの繁華街、
       そしてあれだけの人の多さの中でも
はっきりとした優劣がある。

       この優劣の原因を知るには、
       あまりに短時間な事と初めて見た事。
       そして今までの歴史と言うか
       変遷みたいな情報などがない事には
分からない事が多かった。

       しかし、当然と言えば当然なのだが、
       優良店であればある程店内の活気がある。
       この活気を作っているのが出玉感であり、
       スタッフたちであると言う事。

       そしてこの活気が更なるお客を呼び、
       更なる活気を作り出す。
       優良店ほど、この好循環作用が
       はっきりと動いているのを感じた。


       
       もちろん悪い店はその反対。
       特に○○○店の店員の酷さには目を疑った。
       静かな店内、動かないスタッフ。スタッフ同士の立ち話。
       しっかりとやっているお辞儀が不快にさえ感じる・・・。

       心がない?

ただのマニュアル?

       決められているからだけでしている接客に不快を感じた。
しかし、優劣の原因がイマイチ分からなかっただけに、
       逆に知りたいという衝動が起こった。

       そしてその中に今回分かった事以上に
       何か今後の自分の店にプラスになる
何か秘密を感じる。

       その為には、これまでの、この地域の変遷を知り、
       各店舗条件を調べ、
       より多くの時間を取り、
       店舗数も絞込み、
       より数多く見に行く事が必要であろう。
この条件を満たす事は現状では難しいかもしれないが、
       いずれはやってみたい事のひとつとなった。

       でも、今回の大阪訪問により、
       この感情も生まれたわけだし、
       こんな地域があり、
       独特な雰囲気、共通性などの多くの発見があった事は、
       今回の大きな収穫になったと思う。
       そして自分の視野の狭さも思い知らされ、
       ひとつのパチンコカルチャーショックを感じる
       1日となった気がする。



////////// いっそう、雪の降る町にしたらどうだ・・・ ////////////

いま、ふ~と見ると、そとは雪!
雪になると大阪はやたらと、さわがしい光景を見かける。
なあ~~すご~~~い!!!雪やでえええ・・・
まあ、こんな感じだ。
そうりゃそうだろう。ぱら~っと、アラレがちらついても、あっ雪や~・・・


こんな時は東北のあの店は・・・北陸のあの店はと、
雪が降る時の稼動に連鎖するのは完全に職業病である。

日本全国パチンコ屋はあっちこっちにあれど、
大阪はそれだけ独特なのかも知れない。

そんな独特な大阪に来た店長は、
違いが見えないと、チラリと辛口な評価を浴びせる憎いヤツだ。


そうだ、その通り・・・
大阪でさえも右ならえの横並びなのに、
何も、大阪が特別なことはない。
特別さを失いつつある大阪の店舗感覚!
ここが問題なのだと思う!

今も降っている雪を見てやたらにさわぐ、
その新鮮さこそ、欲しい・・・・・・
いっそう、雪の降る町にしたらどうだあ・・・





●名古屋人の見た大阪店感覚!?・・・・・・・・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-02-09 10:42 | ないないづくし戦略

<< 町内会のような客層は感動で結ば... 『前向き』 『やる気』 『挑戦... >>