町内会のような客層は感動で結ばれていく。小林さんのようなフアンで稼動構成率を高めよう!   


ひさしぶりの、こうちゃんの日記が届いた。
今日はおもしろいことがあると連絡があった。
おもしろい、接客を喜びにつなげるフエイントがいい。

・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・

2月 8日 水曜日
今日は海の常連客の小林さんの誕生日だ。

今日の接客ポイントはこれ1点に集中!
小林さんの場合、ノリがいいし、
自然と周りのお客も巻き込んでくれるのでありがたい存在だ!
(ちなみに常連客全部とはいかないが、私はお客さんの誕生日を大体…?
40人ぐらいは覚えている。スタッフにも覚えるように推奨しているので、
それを合わせれば全体で100人以上は覚えていると思う)


一応、今日来店するパターンと明日以降に来店するパターンの
2通りを前日から考えてあるので、準備はほぼ万全だ!?

でも、出来る事なら今日来店してほしい!ちょっと待ち遠しい。
インカムで「小林さん!来店されました」報告が入る!
「よし!来てくれた!!」
思わず直ぐに現場へ行って声をかけたいところだが、ここはガマン!

なぜなら今年の作戦はあえて「じらし戦法!」にしたからだ。
小林さんには、必ず毎年「お誕生日おめでとうございます!」と
声をかけているので、少々慣れ気味で?
新鮮味がイマイチになりつつあるような…?

また、向こうから既に待っている感さえあるので…?
そこで「じらし戦法!」にした。
小林さんがキョロキョロしながら両替機へ・・・



明らかに誰かを、私を探しているような…? 
でもここはガマン!
両替を済ませいつもの海コーナーへと行き、
いつもお気に入りの277番台辺りに座る。
しばらくは打ちながら、辺りをキョロキョロしていたが、
しばらくして諦めたのか?遊技に集中し始めた。

「よし!ここだ!チャンスだ!」と思い現場へと出る。
7コースから進入し、6コースへ。
この間に落ちている玉を拾ってポケットへ、そして5コースの海へ。
小林さんの後ろを通り過ぎるも、こちらに気付かない。

集中している。「よし!今だぁー!」
おもむろにそっと小林さんの後ろに行き耳元で
「お誕生日おめでとう!」とささやきながら、
拾った玉を数えるように1つずつ上皿に7つ入れる。


小林さんはビクッとしながら…
「やだぁ~!店長ぉー!!わぁ~!びっくりした!
えっえっえっ…ありがとう!なんだ!やっぱり知ってたんだぁ~!
覚えてたんだぁ~!ありがとね。出してよぉ~!(笑)」
大きな声でしかも笑顔で!


あまりに大きな声なので周りのお客もこちらに注目が向く。
それを意識しながら…
「小林さん!改めてお誕生日おめでとうございます!」と
大きな声であいさつし、目一杯の角度でお辞儀する。
「やだぁ~!恥かしいなぁ~?でも本当にありがとね」

小林さん笑顔だぁ~!
同時に周りのお客さんも笑顔だぁ~!!大成功!!!
「それじゃぁ~今日もがんばってくださいねぇ~!」と声をかけ立ち去る。


この後はスタッフからも「おめでとう!」攻撃!!
大当りする度に、後を通る度にスタッフから
「お誕生日おめでとうございます」の声かけを続ける!

その度に笑顔!笑顔!!
残念ながら小林さんのこの日の勝敗は負けとなってしまいましたが、
終始笑顔で帰り際には
「今日は本当に楽しかったよぉ~!
ありがとねぇ~!また来るねぇ~!」と言って帰って行かれました。

う~ん!これだから接客はたまらない! 
大満足の1日でした。

2月 9日 土曜日




????????? ここでみなさんなら、何を感じますか ?????????

喜びを数十倍に膨らまして、演出すると
周囲に注目されると、ちょっとした快感とテレがミックスされて
地に浮くような嬉しさを増大させていく。

そこでジラシ戦法がピタッとマトに的中!!
サスガ接客のレベルをユーモア編で
フエイントするとこは、もう素人の域を超えている。

店長が40人の誕生日を記憶して、
スタッフ合わせて100人もなる。これは財産だ。
店長ならばこの財産価値を=資産とイコールさせている筈だ。

この資産を資本化して収益を伸ばす手立てを考えていることだろう。
小林さんのようなフアンで稼動構成比を圧倒させると
フアンがフアンを口コミ・・・
また、別口のパチンコ町内会が誕生する




●う~ん!これだから接客はたまらない! ・・・・・・・・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-02-09 18:40 | ないないづくし戦略

<< ちいさな店舗では企画書は最大の武器! 名古屋人の見た大阪ミナミの店舗... >>