課長・係長の改革のためのあれこれ!真摯な部長の改革案・・・   





課長・係長の改革のために


●要求性なんだかんだと言ってもスタッフ力にて地域NO1になるための方向性
○幹部としての本人たちの成長のために
○スタッフのレベルアップのために
○店舗のレベルアップのために
○部長のレベルアップのために

●現状の良くなった点
○以前よりは幹部意識は高まった。
○自分たちの成長がアップにつながることは理解できている。
○すべきことが、ぼんやりながら見えてきている。
○やる気は上がってきている
○部長の話には耳を傾ける。認めている
○顧問の話にも耳を傾ける。認めている




●現状の問題点
○声が出ない
○人見知りする。
○幹部意識は高まっているが、まだまだ不足
○勉強会での独特な雰囲気
○宿題に追われている。自分から進んでとはならない。やらされている。
○やる気あるが、すぐに潰れやすい。
○潰れると、自分だけの力での復活が困難
○恥ずかしがりや?
○プライドの殻が壊せないでいる。壊れるのを恐れている。

●問題の解決方法。
○ふたりとの勉強会にする。
○ふたりとの時間を作る。
○ふたり独自のカリキュラム、宿題を顧問から提示していただく。
○部長が見本をみせる。
○顧問の独占日をつくり、再契約して来年行う。


●解決するための問題
○勉強会をやめると、彼らの成長は止まる。速度が大幅に鈍る。
○ふたりと顧問との時間が作りづらい。
○時間が足らない
○部長、課長、係長。3人が同時に勉強するのは、むずかしい。
○独占は不可能
○独占日の設定も都合もあり。
○ふたりにとっての見本となるべき部長のしてあげられることが明確でない
○来年の再契約について
○今年の彼らの成長が止まる。それでは遅い?
○予算と社長の承諾



●今後の改革にあたっての部長の願いと決意

○とにかく彼らの意識改革が最重要課題
○最低限の幹部意識が必要
○彼らとスタッフで店をを盛り上げたい

○いったん全員をスタッフとしてリセットし直しゼロから競争心をあおる
○互いの能力を認め合って、その上で上下関係が構成されるのが理想的
○その上で、盛り上げるという統一意思の元、団結したい
○最低限のフォローはするが、改革より退職者が出るのも止むを得ない
○血は流れる。それを恐れない
○逆に流れることを歓迎する
○それを乗り越えてこそ真の改革
○願わくば、脱落者なく成功したい
○基本的には、改革方法は顧問にお任せする
○必要とあれば当然お手伝いします
○年内に改革の足がかりを掴みたいが、来年も必要であれば引き続き
 顧問の力を借りること


なんだかんだと言ってもスタッフ力にて地域NO1になるための改革



●改革案のあれこれに秘めたきもちは ・・・・・・・・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-02-10 18:31 | ないないづくし戦略

<< ちいさなお店には、心に深く刻ま... ちいさな店では、出玉のバランス... >>