もっとも、自信のある店をもっともな理由で断った!   


///////////// パチンコ?///なんだこれ? ///////////////



もう来ることはないなあ・・・と、
いやに、話が弾んでいる。

あの「もつ鍋や」に・・・
ひそかに、クレームが殺到しているとはビックリだ。
オープンしてまだ、1年・・・
国道沿いの駅前で・・・
有名スーパーの真ん前だが・・・

客はまばら?
何故かと聞く前から答えが出ている。

生レバを注文したら、ネバネバだった。
ひとりがやめて、
またひとりがやめて
みんなが箸をおいた。。

知らぬは経営者だけ。

食あたりでもしたらと防衛本能が働いたのだろう。
もうこれはムリだという危険水域がある。


あと1年も、もたないか?・・・
「閑古鳥さえも鳴いてくれない」店の
ランクでしかなくなる。

勝負は意外と早くついた。


//////////// そういえば、昨年の11月にS店が・・・・・・・////////

しばらく休んでリニューアルするので、
鑑定して欲しいと、談義でのこと・・・

どう思います?
「あぁ~ダメですね!・・・」

そうですかあ??

「そうですよ。正月が明ければわかりますよ。
成人式の決着まで持ち込むか、
ヘタすれば、七草あたりで、
終わりにでしょう。
あとは以前の閑散とした頃に戻りますよ」

確定する証拠を探し持つまでもなく、
ただ、職務柄にして
周辺店舗の動向を見てすぐに、くだした判断である・・・span>

Sさんの負けということは!・・・
12月初旬のオープン間もなく1週間もしないで結論はついていた。
玉の出し方、利益の取り方に完全に圧倒された
「カネモチの弱小企業」がわびしく映る。


ひとの話に耳を傾けることがなく・・・
傾けるフリがうまい経営者のサガなのか


人を根っから信用することができないことが、
自信のある店をつくれない原因とでもいおうか。

愚かな人物が、また一丁あがり!・・・と・・・
「カネからカネの寸法」を、カネからカネでしか
計ることのできない異質な経営者の結末だ。



わたしとしては、もっとも、自信のある店ではあるが
もっともな自信で断った!

弱小企業の「依頼の90%」は受けるが
「10%」は断る!
あと10%は「心の痛みがわからないずるい人間」から、
契約をとるほど、惨めなことはないからだ・・・


いくらなんでも、自称「お人好し」の私にも
もしか、食あたりでもしたら大変なことになると
防衛本能が働く。

例え、カネをいくら弾んでも、
この人間とは、
ムリだという危険水域がある。



●心の痛みがわからない経営者ならば・・・・・・・・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-02-14 01:50 | 弱小ホールの悩み

<<   シルバー送迎専用車があった... あなたのお店には、スーパースタ... >>