流動客は出玉感にすぐ影響されるが常連客はスリルに吸い込まれていく   


/////////////弱小店舗の出玉放出の仕掛けのヒント//////////////

それでもしめない、
それでもあけない訳と
それでもしめる、
それでもあける訳を間違えると、
稼動と粗利の仕組みは築けない。


稼動優先の日、曜日、機種と
粗利優先の日、曜日と機種を
区別しながら関連させていく意味を考えよう。

そうすれば少ない予算で、お客はついてくる。


流動客は出玉感に影響されるが
常連客はスリルに吸い込まれる。
それは出玉放出作戦の
タイミングによって提供できる。


日、曜日、台、機種の
タイミングとズレを敏感にキャッチしよう!

あけしめがタイミング良く、的中したら・・・
それはスリルとなる。
それは凄いトリックで、立派な演出である。

どうすればそうなるかを考えよう




●ちいさな店の出玉作戦ではスリルをトリックしよう!・・・・・・・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-02-20 00:15 | 釘の家庭教師

<< 足腰のつよい弱小店舗の出玉放出... 増加率よりも、減少率の警戒を!... >>