2006年データでは5%から7%の稼動が最近では17%に跳ね上がっている。   


月末に向けて下降していく客数が
成績の足枷となっている。

何でこうなってしまったのか?

聞いても「それがわからないんですよ・・・」と
不甲斐ない返事が返ってくる。

実は2年ほど前から
稼動低下を招いていたことを突き止めた。
月末の帳尻合わせを2年間も続けてきた結果である。

そして、

「死んだ入替え」に終始したつけが顕著に現れている。

逆に水曜日の稼動は平日で断トツトップである。


今回の新しい出発から料理方法を変えてみた。
調味料を変えたら、
2006年データ〔水曜日〕では5%から7%の稼動が
最近では17%に跳ね上がっている。

以前停滞気味の「大海」が元気を出している。
競合にはない機種だからしっかりと対応したい。

作戦のある調理方法(仕掛け)が
添付されている新台入替こそ、
生きることの証明がされている。



●作戦のある調理方法(仕掛け)があってこそ・・・・・↓ポチッと!
●1流の2流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-03-03 11:20 | ないないづくし戦略

<< 新台入替前に粗利を無理に取らな... 「お客様!良かったですねえ!良... >>