しんちゃんの修行放浪記   

4月が始まりました 桜も開花!
こちらでは今が桜の開花宣言です。
どんな仕事でも、季節の行事は大事です。なのに・・・何もないのはなぜなのか??
今までだったらお花見の季節は何か楽しめるイベントを開催してきた。でもここにきて、そのような季節行事に!というものが全くないのは何でだろうと思ってしまいます。

『出玉で非常に勢いがあります!』という朝礼での一言がありました。
僕は出玉があるときこそ接客は大事になると思っています。
なぜなら、そのような時は負けているお客様と買っているお客様の差が大きく、
お客様の精神面で大きく開きが出てくると思うからです。
開きが出るということは、自然とクレームも大きくなり、われわれスタッフの接客が重要になると思います。


実際いろいろありました。財布が盗まれるお客様がいたり、
ガラスが割られる騒ぎが起きたり・・・
ここまで行動に出すほどお客様は感情的になっている・・・
実際その前の日までは全くと言っていいほど出玉はありませんでした。
ただ、何事もなく営業は終了していました。
すごいギャップだなーと驚きと自分たちの仕事の重要さに改めて気づかされました。
幹部の人たちは、そこを予測していたのかなあとも思いました。
実際特に言われることもなくホールに送り出されたので、そう感じたのですが・・・

稼働は確かによかったのですが、昨日はお客様の交換が非常に早かったです。
20時くらいには稼働は4分の1まで減りました。
これも出玉が多いがゆえの危険範囲のひとつだと感じました。
いかにしてお客様の稼働を伸ばしていくかが重要だと再認識しました。
特に出玉が多いとき、少ない時でその作戦は変わってくると思いました。


自分はスロットコーナー担当だったので、
よくパチンココーナーが見え、よく観察することができました。
17時が交換のピークでした明らかに。
皆交換作業に明け暮れて、ささやきもおろそかになっていたし、
空台管理も非常に雑になった時間でした。
ここが昨日の勝負の分かれ目だったのではと思います。
そこから稼働が上がる時間帯はほぼありませんでした。
スロットはかろうじて昨日の吉宗の出玉が功をそうしたのかいつもより稼働がありました。しかし、出玉は全くなし、ジャグラーの年配コースから粗利を確保しているといった感じでした。明日どうなるかは全く未知数です。チグハグだと思いました。
昨日は非常に客観的にホールを見ることができ、勉強にもなりました。
いかに作戦が大事かということ・・・ありがとうございます。

////////////////// 観察 //////////////////

勝ち負けが過熱するほど、お客様の感情の高ぶりは絶好調に達します。その時の接客は非情に繊細な気配りが要求されています。この時にお客様に無礼な態度でもしたら、それは取り返しのつかない事態に発展する恐れもあります。この瞬間のおもてなしを、さり気なくできる人は、見ているこちらでも気持ちいいものですね。それに挑戦したドラマなど聞かせてもらいますか。



●まだ分析担当3回なのに新発見がうれしい・・・・↓ポチッと!
●1流の2流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-04-02 10:50 | ないないづくし戦略

<< 樋さんのひと言 この機種の最大稼働数の限界ライ... >>