こうちゃんは失敗推薦論者。失敗を責めたり、叱ったりした事はない!   

成功と失敗・・・? 単に言葉だけの意味を考えれば、相反する表と裏、対義語であると言えよう。しかし、この2つは逆ではなく、私はイコールであると考えている。

成功があるから失敗があるのではなく、成功の為に失敗があると考えている。失敗は成功する為の糧であるとも考えている。だからこそ、私自身、失敗推薦論者だ。

スタッフたちにも、失敗する事を大いに薦めている。基本的には、失敗を責めたり、叱ったりした事はないつもりだ。しかし、失敗を糧にできていない時は、別である。失敗を糧にし、成功へと導いてこそ、初めて失敗に意義と価値が生まれ、失敗のおかげで成功できたと、その失敗に感謝さえできるのだと思う。大いに失敗し、そこから大いに学び、教訓とし、成長し、成功へと近付けばいいと考える。

それができて初めて過去の失敗は素敵な思い出と変わる。そしてその素敵な思い出の話は、更に自分の部下たちに語ることで、その部下たちへの教訓となり、更なる成功につながるのである。失敗には、二重にも三重にも、秘めた効果があると思う。

ところが、何度も言うが、これは全て、糧とできての話。糧とできなければ、失敗はただの本当の失敗だけに終ってしまう。ここに失敗の意義も価値も生まれては来ない。だからこそ、失敗を薦め、失敗について責めたり、叱ったりしなくても、失敗を糧にできていない事には、激怒する。例えばそれは、まったく同じ失敗を何度でもしたり・・・などである。

今、当店を含め、パチンコ業界全体そのものが大きな転換期?イヤ!危機的な状況を迎えている。

顧客のパチンコ離れ問題、入れ替えの増大、機械代金の高騰など、上げれば、数え切れないほどの問題が山積みの状態である。過去にも、この業界自体が多くの問題を乗り越え、そして今の状況があるのだが、この歴史を見てきた1人として、過去の問題については、確かにそれぞれの努力や苦悩はあったと思うのだが、それは何処か?何とかなる?と言うか、何とかなった?と言う感が否めない気がする。

だからこそ自然と何とかなるだろう感が、未だに蔓延している気がしてならない。現状の問題は、この過去のこんな感覚では、済まされない問題であると考える。正に業界全体が生き残りをかけたサバイバルマッチと言えるのではなかろうか?

この戦いに打ち勝っていかなければならない。生き残らなければならない。その為にも、より一層の危機感を自ら高め、成功と失敗を繰り返しながらも、そこに大いなる責任を感じつつ、戦っていかなければないと思う。

////////////// 観察 /////////////

なかなか失敗を推薦するなんて、成功の夢の実現に我武者羅であればこそ、言えることである。

ホール営業での失敗談を語ってもらいたかったなあ。利益調整とか新台入替の失敗談、お客様との失敗など、パチンコ屋さんには失敗が山積みされている。あるいは失敗のつもりが成功だったが気まずい思いをしたこと・・・今だから公開できる時効済みの大失敗など、みんなで失敗談を語ろう!きっと、もっと元気になるよ。



●まだ分析担当3回なのに新発見がうれしい・・・・↓ポチッと!
●1流の2流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-04-04 09:25 | ないないづくし戦略

<< ここは全国でも5本の指に入る高... 樋さんのひと言 >>