これからはスランプ解消の釘調整時代!   


これからはスランプ解消の時代

これからはスランプ対応のできない店は低迷を余儀なくされる!
機種の出玉が1500を切ったという現実をどう見るか!

高価交換と出玉の関係のアンバランスがお
客さまのパチンコ離れに拍車をかけている。

スランプの少ない釘をつくるためには
スランプがでるから、
まわせないから
出玉を削ることが前提!
回転数にムラが出にくい
これが今までの考え方


違う!
これからの
スランプ解消釘は
スランプがでるから
上手なまわしかたをする
出玉を削らないことが前提!


稼動との関係


:::::::::::スランプのある釘:::::::::::::

S1:落差がが激しいため不安   

S2:度々、起こりやすい

S停:まわらない時間が長い          

客付:不安定感がある          

出玉:削る                 

Bサ:吸い込みが低いのに機械執着時間が短い                             
玉単:低い                


:::::::::::::スランプの少ない釘::::::::::::::

S1:平均しているため安心

S2:先ず、起こりにくい

S停:まわらない時間が短い

客付:安定感がある

出玉:削らない

Bさ:吸い込みが高いのに機械執着時間が長い
  
玉単:高い


注目すべきはBサの兼ね合いである。

今までの既存公式では、
吸い込みの度合いが客滞率であったが・・・
スランプをほどよく解消することで、
機械執着度がアップする!

逆にスランプの解消が
回転数も今まで以上にアップできて、
稼動にも貢献するという考え方が
大事になってくるのではないか。

ここには専門的なスランプ解消の
釘調整が要求されるのは言うまでもないが・・・


ピッチと角度=玉のナガレ
どのくらいまわますかよりも、どのようにわますか、がポイント!

特に稼動低迷店舗がお客を振り返らせるために、
機種で有利性をつかむコツになる!



●スランプ解消の時代・・・・↓ポチッと!
●1流の2流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-05 12:38 | 釘の家庭教師

<< これでいいのか、釘調整! アルバイトが途中で逃げてしまっ... >>