これでいいのか、釘調整!   



高価交換営業に拍車がかかる。
同時に釘で悩むひとが増加しているという。

メーカは釘のゲージ図面を出しているけど、
少しも触らない。触ってくれない。

メーカが取り扱い説明書のままにするのはかまわないが・・・

メーカが釘をしなくなって
わからない釘で、ホールが悩んでいる!

30個交換あたりは釘勝負の世界である!

スランプがあるのを前提に、
調和の取れる釘調整が絶対条件化している。

最近、現場の調整をおこなった、あるひとによると、
30交換のための研究により、
スタート5.5でスランプを極力解消した、
最良のゲージ調整をしたが、
店長は不満で「5.8のスタートにしてくれ!」といってきかない。

ヤリトリから見ても、現場がおかしくなっている。


なにを基準に釘調整をするのか深刻な問題となっている。


最近の釘調整関係者の傾向として直感的に感ずるのは、

・データばかりに偏重して調整との折り合いがつかない。

・直接的にはゲージ表の提供がないと、
 打てなくなっているほど、釘技術が低下しているということ。

・自分で機種の特性と換金率にあった適正な調整ができない。

・釘師が少なくなって、「合わせ師」が
 大半を占めている限界が調整に支障をきたしている。

これでいいのか。釘調整!



これでいいのか、釘調整↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-07 02:09 | 釘の家庭教師

<< いま、おばちゃんたちの換金率も... これからはスランプ解消の釘調整時代! >>