*** 大手「だから!」ではなく・・・・・・・・・・・・・・大手「なのに!」 ***   


ただいま、はいった現場からのニュースです!
みなさんはどのように思われますか?

*************************

『大きいことばかり気にして、小さいことに気を配らない』
最近、ふと気付くことがあります。
ずっと考えてきたことの答えが見えてきた感じもします。

―20代・男性・近くの漁師さん
(お客様)「お前らいつになったら直すんだ??」
(自分)「えっ?何の話ですか?」
(お客様)「外の割れている看板のことだよ・・・
あそこの看板は半年前から割れてるんだぞ!
?らしくねーな・・・上のやつにも言ったはずだけどな・・・」
(自分)「あそこの看板ですよね・・・ほんとうに恥ずかしいです・・・」
(お客様)「そういうところをしっかりしねーと、
お客様もこわれていなくなっちゃうぞ!しっかりしろ!」
このような声がありました。

自分は来た時から気付いていましたが、
知っていて直さないとは非常に残念でした。
その壊れた看板がある場所は、朝一番に入場する場所であり、
玄関のような場所でもあります。
しかも絶対みるようなPOPが挟まっていて、
誰もが目を通していると思います。
この巨大チェーン店舗にして、
そのようなだらしない面があるのだなと感じました。



*****ひとこと!?*****ひとこと!?*****ひとこと!?*****

巨大化してしまって、最近の「***」は、
悲しいかな傲慢な店長とか主任を時々見かける。
そしてお客を出玉であやつっているだけのような気がする。
幹部陣営の自主性を唱えるのはいいが、
判断基準に根本的間違いが発生しているのではないか。
それはお客さま視点の距離感!
ベターではなくベストを尽くすとは、スローガンだけが先行している。

現実とは裏腹な現状が目撃されており、
ビジョンの導入初期でありえる、幼児期の知恵熱から脱皮しようと、
もがいているのではないかと滑稽に見えてしょうがない。

それでも業界人間は一流と称えてやまないのはなぜか。
圧倒的な店舗数なのか
膨大な入替え台数と大量の出玉なのか

そのためにはスタッフ酷使ともとれる哀れな実態は
「大量と膨大」のなかに隠蔽されてしまうのか
そして、お客さまへのおもてなしは「単純還元率」のなかで、
すり変えられてしまうのか。
勝てば官軍とはこういうことなのか・・・

しかし大手「だから」ではなく、大手「なのに」
パチンコ業界「だから」ではなく、パチンコ業界「なのに」
すごい!そこまでやるか!・・・で、あってほしい。

みなさんはどのように思われますか。


社会常識で見るのと、業界常識にはまだまだ、大きな「へだたり」がある。
その溝を埋めるだけの作業見地では、決して社会的認知はえられない。

社会常識を超越した視線で
お客さまの感動のドラマが反映される日は来ないのか。

それとも
ギャンブルが故に?!
儚い夢なのか・・・


大手だから、大手なのに?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-30 08:03 | ないないづくし戦略

<< パトラッシュ2!釘がわるい!ス... 雨上がりの法則は、ないものか >>