新台入替のない6月だから、キッカケとなる仕掛けづくりで乗り越えよう!   


1.目標とした景品額と機種と曜日

承知の通り、出ているか出ていないかは
割数でもなければ、粗利でもありません。
目標とした景品額です。
といって、目標した景品額がただ、提供できていればよいのか。

機種と曜日の接点にマッチした景品額が提供できているかがポイントです。
そして、景品額は単純に1日の景品額の合計でもありません。
まして、週間とか月間の1日平均は無意味な主張となります。
端的にいえば、出すときに出せたかということである。

景品額は「その日、その曜日、その機種の適正な景品額であり、1日が命です」
できるだけ目標とした、前後差5%の95%~105%の許容範囲で、
推移してくれたら最高です。

しかも、作戦の連動からして昨日から本日へ、本日から明日へと
バトンを連携しながらつないで行ければ効果はジワッ~とでてきます。

勿論、あなたにもそのような経験はあるかと思います。
要はそれを強く意識して作戦化するだけです。


2.イベントの連動

イベントでも特に昨日の前夜祭と本祭と後夜祭が
密接な関係で連動しなければ効果が半減します。

単なるその日だけの線香花火では余計に放出した価値がありません。
イベントのその日にただ、呼ぶのは作戦とは言いがたいもの。

それは誰でもできます。

イベントの次の日にも仕掛けて稼動させるのが作戦です。


出玉放出の限界ならば、その範囲で作戦の連動を
試みることで強力な変化をつくれます。

「ウソのイベントは駄目」だといっては、
次の日の集客に連動しきれない、
その日だけの出玉の大量放出に何の意味があるのでしょうか


現場のイベントに少なからず、誤作動があることを
現場に惰性でいるほど見抜けず、
所期の目的を達成仕切れない場合を往々にして見かけます。

それは次の日につながっていないイベントが如実に語っています。

イベントが「その日だけの出玉」の表面的な構図に限定され、
「次の日にも関係する作戦」の切込みが浅いことから、
イベントのブレを極端にさせては、キッカケを阻害してしまっているのです。


3.キッカケとなる仕掛けづくり

自店の許せる範囲でいいから出玉の限界はどこか・・・とか、
どの機種と曜日を活気づけしたいのかなど・・・から、始まって・・・
このイベントが成功したらどのような意義があって、とか・・・
ちいさな夢をドンドン膨らまして見るといいでしょう。


簡単でもよいから、「イベント作戦書」を
つくって見るとおもしろいこと、大変なことなどが浮かんできて、
自分の指針が鮮明になります。

私のお手伝い先では、みんなが企画書を書けるひとに挑戦しています。
いつも問題の原因を分析してアイデアーのヤリトリを活発にしています。

仕掛けのないイベントは単なる祭りごとで
「キッカケ」になりません。

お客様に喜んでもらえる「演出の仕掛け」とかを
段取りすると、目に見えて反応が出ます。

6月は営業力が見所ですが、
仕掛けがないことは最初からわかっていて、
シケタ花火を不発に終わらせるような
結末を敢えて踏むことは、とても情けなくもあります。

お客様にストレスを与えることは、
信頼感を築くキッカケを掴むにいたりません。

難しく考えずにメモ程度でも良いから始めて見ることです。
違った感覚が見えてくるから、不思議です。

続けることで、もっといい事が発見できます。



4.「6月をチャンス」と見るか

今までは落ち込むと入替えの力を借りてきましたがその手は使えません。
営業力はアタマとウデと行動の仕方が成せるワザです。

普段から機械の入替と出玉に限界があって、
作戦力を機軸にして営業力を誇示して来た店舗は、
6月危機をチャンスと捉えて、見事に乗り越えて行くのではないでしょうか。

なぜ、チャンスなのでしょうか。
入替のできない横並びの時期に日頃、培ってきた作戦力をもって
同じ土俵で勝負ができるからです。
だから負ける気がしないのです。

「新台入替サイクル200%の店舗を相手に120%の入替台数」で、
断トツな支持率を確保している店は、完全に作戦力の差といえるでしょう。

しかし、そうでない店舗では手足を縛られた、
不自由な感覚と苦痛さえ感じる6月かも知れません。

そこでやることは決まりきって、
チラシ合戦と出玉合戦で
「どこにでも、あるような店」になってしまいそうで気がかりです。


作戦力をもったイベント、
作戦力のある出玉、
作戦力に満ちた演出、
作戦力の絡んだチラシ、
お客様の心に響くおもてなしなどで

キッカケを呼ぶ営業力が活気づくことを願っています。


5.機種の誘導作戦について

現状は
内部要因:誘導が作戦化されていない。
外部要因:外からの集客作戦が足りない。

いま、問題なのは強力なキッカケをつかめていないこと。

例)ですが・・・

①矢印誘導作戦
・店内→を効果的に活用して誘導する。
・床に矢印、島板などにも→をして、そこにひと言!
②出入口のささやき・出入口でのささやきのご案内 例:今日のお勧めは・・・
③ポスター・ポスター 大小各種 営業中の貼り出し(店長)
④マイク
⑤台チラシ・台ごとにアピールチラシ 営業中に貼ることが効果倍増!
⑥機種速報
⑦新聞チラシ・既存様式をすべて無視して、白紙から発想する。大胆に、型破りな・・・


月間行動表

日 曜日 矢印誘導 ささやき  ポスター  マイク  台チラシ 機種速報  チラシ
1
2
3
4
5
以下、月末まで続く・・・

あなたの6月の成功を祈っています。
このときの作戦力が
あなたをきっと、喜ばしてくれることを信じています。



キッカケとなる仕掛けをつくろう!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-06-08 02:08 | ないないづくし戦略

<< 粗利の過剰提供とか過剰な確保と... アケシメは景品額でするから怖くない! >>